時代の先端を行くLINE証券を使って自営業・フリーランスの方が老後資金を作る

投資信託・ETF
スポンサーリンク

1株数百円から投資信託なら100円から始められるLINE証券。

自営業・フリーランスの方が老後資金を貯めるシミュレーションしたいと思ったら、いつも使っているLINEアプリからアクセスできるLINE証券がおすすめです。忙しい自営業・フリーランスの方は、スマホで簡単にチェックできるのが嬉しいです。

この記事では、LINE証券の魅力に迫ります。

【50万口座突破】アメリカだけでなく日本の高配当株にも分散投資するならLINE証券がおすすめ。キャンペーンも実施中!

20代投資家が選ぶ「スマホ利用で使いやすいネット証券No.1」

LINE証券は、20代投資家が選ぶ「スマホ利用で使いやすい」ネット証券NO.1です。

ラインを運営している会社が作っているので、画面がとても使いやすいのが特徴です。投資しようと思っているけどこんな悩みありませんか?

  • ネット証券が沢山あってどれを選べばいいか分からない
  • 投資に時間をそんなに使いたくない
  • 大事な老後資金として株や投資信託を購入する際手数料がかからないもので、将来の安心を作りたい
  • 専門知識が無いのでどの株を購入したらいいか分からない

しかしLINE証券を使って投資すれば、次のようないいことがありますよ。

  • LINEならではの使いやすさから、投資に時間をかけずに済みます
  • 普段の自営業や個人事業の仕事に集中しながら、気軽に投資することが可能です
  • LINEで貯めたポイントを投資に回せて、お得な感じがする
  • 普段使っているラインで気軽に投資できるので、気づいたらお小遣いを貯められ、豪華なディナーを堪能できるようになる

LINE証券は、普段のLINEのように気軽に投資できるのです。

LINE証券を使う人が増えている

LINE証券を使って20代~40代を中心に投資を始める人が増えています。

LINE証券は、LINE証券株式会社が運営するネット証券です。LINE証券は、野村證券の親会社である野村ホールディングスとLINEの子会社であるLINE FInancialが共同開発した会社になります。

LINE証券の概要は以下の通りです。

項目内容
サービス名LINE証券
運営会社名LINE証券株式会社
本社所在地東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
設立年2018年
資本金200億円(2020年11月現在)
上場有無非上場
サービス開始年月2019年8月
投資対象国内株1000銘柄、国内ETF15銘柄、投資信託28銘柄
購入手数料(投資信託)無料
最低投資金額株式投資は1株数百円から、投資信託は1口100円から
入金方法銀行振込、LINE Pay、LINEポイント

LINE証券で気軽に老後資金を貯め始めてみる

LINE証券で気軽に老後資金を貯められます。

LINE証券を使えば次のようないいことがあります。

  • 小難しい証券会社の管理画面を使いこなさなくていい
  • 色々な株を沢山勝手分散投資したいけど手数料がかからない
  • おすすめ米国株のS&P500に投資できる(eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • まず無料でお試しで株を手にしてみられる

LINE証券の口コミ

LINE証券を使った口コミを紹介していきます。

Aさん5.0

「将来のために資産運用しようと証券会社を探していました。やはりネット証券がいいと思ったのですが、LINE証券が始めるということで興味が湧き、開設してみました。

なんといってもスマホから簡単に管理できるところがグッドポイントです。


投資というと、最初に自己資金が何十万も必要なイメージがありましたが、LINE証券は1株から購入できるということで安心です。

さらには、LINE Payからも使ってみましたが簡単に購入できました。スマホのアプリで運用できるので、仕事の移動中などにも簡単にチェックできるのがいいところです。

LINEという大きな会社を運営しているところがやっているので信頼は間違いないのです。

Bさん4.0

普段忙しいのでなかなかパソコンでじっくりと取引できないのですが、LINE証券はスマホで簡単に運用できるので、ちょっとしたスキマ時間に使えるのがいいです。

口座開設は、公式ホームページから簡単に行えました。

アプリで口座にログインしている状態なら、いつでもすぐに取引できます。

数百円から取引できるのも手軽でいいです。一般の証券会社だと通常100株単位とかなのでまとまったお金が必要ですが、LINE証券はフットワークが軽いです。

Cさん4.0

「私がLINE証券を選んだ理由は、1株から購入できる点です。通常、株取引は100株や1000株単位で購入しなければならないので、まとまったお金が必要です。それだと分散投資が難しいので、困っていました。

でもLINE証券なら、数百円から投資できるので色々購入して分散することができました。投資信託も100円からなので嬉しいです。

また、普通の証券会社では契約までの手続きが大変ですが、LINE証券は身分証明をオンラインで提出できとても簡単に手続きが完了しました。

これまで手続きが複雑なことや、資金が沢山必要という理由で投資を見送っていましたが、LINE証券のお陰で始めることができました。」

LINE証券のメリット

LINE証券を使うメリットについて紹介していきます。

メリット1.LINEアプリから簡単にアクセスし投資できる

LINE証券は、ラインアプリから簡単にアクセスでき、スマホで簡単投資ができます。

通勤中の電車の中でや、寝る前にベッドの上で気軽に投資できちゃいます。

他の証券サービスのように専用アプリをわざわざインストールする必要がなく、LINEアプリのウォレットタブからアクセスできます。

普段の慣れた画面で利用でき、銘柄の選定や購入数の決定、入金などが数回のタップで行えます。

さらには、LINE証券ではお客様のわからないことや困ったことなどをAIチャットや問い合わせフォームでサポートしてもらえます。

初めての人でも安心して取引できます。もちろん無料でのサポートです。

メリット2.投資信託なら1口100円から、株式は1株数百円からと少ないお金で投資できる

LINE証券では投資信託の場合には、最低100円から投資が可能となっています。株式の場合には、1株単位・数百円から購入可能なので、気軽に投資できます。

友達からもらったラインポイントをちょっと投資して株を手に入れてみようなんてこともできます。

単元株未満の場合でも、持ち株に応じた配当金をもらえます。配当金で、ランチを食べるなんてこともできてしまいます。

1株でも株主優待をもらえることもあります。

例えば、次のような銘柄の株主優待があります。

三菱マテリアル<5711>

  • 株価終値2月6日 :2,902円
  • 優待対象の最低投資株数:1株
  • 最低投資金額 :2,902円
  • 優待内容:割引券/アクセサリ/レジャー/その他
  • 株主優待割当基準日 :3月末日9月末日

メリット3.投資信託の購入手数料がすべて無料、株式の買付手数料も無料

LINE証券では、投資信託の購入手数料がすべて無料というメリットがあります。また100株単位の現物株取引の場合も、買付手数料が無料となっています。

売却時には、以下のように安い手数料が発生します。

約定代金現物株の売却手数料(税込)
5万円99円
10万円176円
20万円198円
50万円484円
100万円869円
150万円1,056円
3,000万円1,661円
3,000万円超1,771円

買付手数料が無料というのは、投資する上で大きなメリットです。さらに、売るときもわずかな手数料ですが、このサイトでおすすめしているのは長期投資です。一度持ったら永久に持ち続けるというものです。

なので売付の手数料は考えなくていいでしょう。

このサイトでおすすめしている米国株S&P500は、LINE証券で購入できます。
さらには、2021年にはiDeCoサービスも対応されます。

メリット4.LINE Payからの入出金やLINEポイントでの投資ができる

LINE証券では、スマホ決済のLINE Payを使って入出金したり、LINEのポイントを使った投資が可能となっています。

LINE Payからの入出金で口座残高に即時反映されます。

LINEを普段使っていて貯まったポイントを投資に回せるのです。LINEポイント1ポイント=1円から利用できます。

いきなり株を買うのが不安な人もポイントで気軽に始められます。

メリット5.投資したい株がすぐに見つかる

LINE証券なら、「割安な銘柄」「人気優待銘柄」「好業績予想銘柄」「高配当利回り銘柄」など20種類以上のカテゴリから投資したい株をすぐに見つけられます。

株をお気に入りに追加すると、決算ビジュアルレポートを受け取れます。決算情報や業績修正などが発表されるとAIが内容を自動的に解析し、LINEで情報をお届けしてくれます。

LINE証券のデメリット

LINE証券は、以下のようなデメリットがあります。

  • 大きな収益を狙うには向いていない
  • 今はまだNISAなどが利用できない
  • 単元未満株(1株)の場合はスプレッドに注意

LINE証券では、最大でも投資できる金額は各銘柄1000万までと制限があるので大きな収益を狙うには不向きです。しかし、このサイトでおすすめしているのは、分散投資なので、あまり問題ありません。

また配当金などの利益に課税されないNISAやiDeCo(iDeCoは、投資金額も所得控除される)などが2020年11月現在は対応していません。しかし、iDeCoは2021年からサービス開始予定、NISAについても準備しています。

LINE証券の単元未満株取引は手数料がない一方で、スプレッド(実質的な取引コスト)が発生するので注意が必要です。こちらも、何度も取引するような短期投資はすすめていないので、あまり気にする必要は無いでしょう。

自己資金0円から始められる投資

今なら自己資金0円から投資を開始できます。

口座開設で最高3株分の購入代金がもらえちゃうキャンペーンをやっています。

方法は簡単。口座開設して、キャンペーン期間中にカンタンなクイズに答えるだけです。簡単なクイズ2問に答えて、1問正解したら2株、全問正解したら3株分の購入代金をプレゼントしてもらいます。

対象銘柄から、お好きなものを選べます。
好きな銘柄を選べるので、高い銘柄を選んでも大丈夫です!

ステップは次の通り

  1. 最短約3分で口座開設申し込み
  2. LINEメッセージまたはハガキの口座開設通知からログイン
  3. クイズに答える
  4. クイズに正解した数に応じて株の購入代金をGET

もらえる購入代金の対象銘柄は口座開設してから選べます。

キャンペーンは期間限定

口座開設して簡単なクイズに正解し、3株または2株分の購入代金をもらえるキャンペーンは、期間限定です。

キャンペーン終了されるともらえないので、今の内に口座開設して下さい。
キャンペーンの日時は事前にLINE証券の公式アカウントから告知されますので、あらかじめご了承下さい。

またキャンペーンは株の購入代金をプレゼントする仕組みなので、キャッシュバックする仕組みはありません。

自己資金0円で開始できる

キャンペーンを利用すれば、口座開設後、自己資金0円で株を持てます。

つまり無料で株を持つとはどのような感じなのかを体験できるのです。

LINE証券の商品は、次のように目的別に投資信託や株を選べるようになっています。

安定的に運用

  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  • エス・ビー・日本債券ファンド
  • ブラックロックおまかせバランス投信
  • 三菱UFJ グローバル・ボンド・オープン(年1回決算型)

低コスト(おすすめ)

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

このサイトでおすすめしているS&P500も購入できますし、LINE証券なら気軽に全世界株式や、新興国株式なども合わせて持つことでリスク分散できます。

リターン重視

  • 楽天・米国レバレッジバランス・ファンド
  • アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし)
  • エマージング・ソブリン・オープン(年1回決算型)
  • フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド (資産成長型)

タイムセール

LINE証券には、タイムセールというものがあり対象銘柄が最大7%割引価格で買えます。

おすすめではありませんが、割引された株価で購入して、翌日すぐに売却すれば利益が出る可能性が高いため、人気があります。

割引率はその時により異なり、3%~7%の間で決められます。

開催日は不定期で、開催当日の連絡ですので事前に口座を開設している必要があります。

今LINE証券をはじめよう

ここまでLINE証券を紹介してきましたが、「もっとちゃんとした証券会社の方がいいのではないか?」と考えているかもしれませんね。

LINE証券は、証券会社として大手の野村証券の親会社野村ホールディングスとネットの基盤となっているLINEの子会社が開発した会社です。

しっかりとした基盤があるので、将来性は十分です。IT系で発展した楽天の運営している楽天証券は、今、ネット証券で人気ナンバー2です。

その後出てきたLINEの順番を考えれば、LINE証券も楽天証券のように大手になる可能性は十分にあります。

それでも、「LINE証券がつぶれたら大丈夫なのか?」と心配になる事があるかもしれません。

LINE証券は、お客様から預かっている有価証券や預かり金について、法令に従い「分別保管」しているため、万が一LINE証券が破綻しても、預かっている資産は安全に返されます。

またセキュリティは大丈夫なのか心配な方もいるかもしれません。しかし、LINE証券は、堅牢なファイアウォールやアクセス監視を実施しており、安全に対応しています。

LINE証券の始め方

LINE証券は次の3ステップで簡単に始められます。

ステップ1.いつものLINEから口座開設。
LINE証券にアクセスして、口座開設を選択して下さい
【50万口座突破】アメリカだけでなく日本の高配当株にも分散投資するならLINE証券がおすすめ。キャンペーンも実施中!

↑こちらのページにアクセスするQRコードがあります。

ステップ2.本人確認
いくつかのカンタンな質問のあとに、本人情報の確認します

ステップ3.口座開設申請方法を2つから選択します


A.スマホで完結できる。郵送受け取りなしで本人確認
スマホで身分証と顔画像を撮影するだけで、オンラインで本人確認できます。最短翌営業日から取引が可能です。

B.郵送受取による本人確認
本人確認書類の登録後、簡易書留ハガキの受け取りが必要です。

LINE証券をはじめよう

自営業・フリーランスの方は、老後4400万円以上が必要になります。

何か今からでも準備しないと大変なことになりますよ。


しっかりとした準備しないで老後を迎えてしまった場合、残りわずかな貯金から毎月使っていき貯金が無くなる恐れの中生活しなければならなくなってしまいます。

一生懸命自営業やフリーランスとして頑張ってきたのに、次のように老後が悲惨なものになってしまいますよ。

  • 毎日食べるものを節約して、ひもじい思いをしなければならなくなる
  • 生活保護のお世話にならなければいけなくなってくる
  • 毎月の光熱費が払えなくなるか心配で眠れなくなる
  • 携帯代が払えないので、電話をかけられなくなる

しかし、LINE証券で今から投資を始めて老後資金を作れば、次のように安心して老後を過ごせるようになります。

  • 毎月3つ星高級レストランに行って、食事する楽しみができる
  • 趣味の海釣り用の船を購入でき、毎週海で釣りを楽しんでいる
  • もう働かなくても、十分に生活できるだけの蓄えを作れる
  • 毎年、春は全国の桜を楽しみ、夏はギリシャの島で過ごし、秋はアメリカで美味しいステーキを食べ、冬はフィンランドでオーロラを見ている

今、投資を始めて確かな老後資金を作れば、そんな豊かな老後を迎えられます。

このサイトでおすすめしている米国株S&P500は、LINE証券で購入できます。

また自営業やフリーランスの味方であるiDeCoもLINE証券で2021年から利用できます。

忙しい自営業・フリーランスの方、スマホでカンタンに投資できるLINE証券を始めてみませんか?

【50万口座突破】アメリカだけでなく日本の高配当株にも分散投資するならLINE証券がおすすめ。キャンペーンも実施中!

おすすめの楽天証券口座開設

ETFを購入するなら加入者数ナンバーワンのSBI証券口座

【人気記事】

【自営業・フリーランスの老後資金】著書お勧めVTSAXを日本で買う
自営業・フリーランスにおすすめなVTSAXの買い方
米国債券AGGとLQDどちらに投資すればいい?
自営業・フリーランスの不動産投資はマンションではなくアパート一棟
自営業・フリーランスの方が余剰資金で運用する米国増配当VIG

コメント

タイトルとURLをコピーしました