【自営業・フリーランスの老後資金】著書お勧めVTSAXを日本で買う

投資信託・ETF
スポンサーリンク

著書「父が娘に伝える自由生きるための30の投資の教え」で紹介しているVTSAXを日本で購入するには、楽天全米株式インデックスファンド(VTI)で実現できます。こちらの書籍は投資先進国アメリカで、投資に関するブログを運営するジェイエル・コリンズが娘のために書いた内容です。書籍の内容から投資について学びます。

1.著書「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」で、すすめる全米の市場を買うVTSAX

自営業・フリーランスの方が老後資金を作ろうとする際に、参考にして欲しい書籍が、「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」という本です。

金融の先進国アメリカの本で、娘のために投資に関するブログを書いていた内容が書かれています。この本を読むと、どうやって老後資金のために資産を増やしていったらいいかが分かります。

投資のガイドライン

この著書の中で、投資に関するガイドラインは次のように書かれています。

  • 収入の範囲で消費する。借金はしない
  • 投資アドバイザーを近づけないこと。ほとんどのアドバイザーは自分のことしか考えていない。よい運用先は、自分で探していける
  • 健全な投資は複雑でない
  • 収入の半分は投資に回そう。借金をしていなければ十分に可能
  • 投資額の4%で1年を暮らせれば、経済的に自立しているといえる

この著書では、投資して、資産を作りその資産のリターンの内4%だけを使って生活していくというものです。

例えば、5000万の資産を作ったら、毎年4%の200万を使って生活できます。そして、自分の資産は減らさずに、むしろ少しずつ増やしていけるのです。

自営業・フリーランスの方が老後資金を作るのにいい指針になっているのではないでしょうか。

老後資金を貯めて、誰でも大金持ちになって引退できるのか?

この著書の中で、著者はブログで「誰でも大金持ちになって引退できるでしょうか?」という質問を受けました。

著者の答えは、条件付きでイエス。誰でも引退するまでに大金持ちになることはできると言います。

それは複利を使って計算していけば、可能なことだそうです。
1975年1月から40年の間、市場の平均利回りは、再投資すれば11.9%くらい。再投資しなければ、8.7%くらいです。

この利回りで、1975年に1万2000ドルをS&P500に投資していたら、40年後には107万7485ドルになっている計算です。つまり120万くらいが、1億円以上になっているのです。

1億円あれば、4%使うと毎年400万円を使え、これに年金もあるので、十分に裕福な状態ではないでしょうか。しかも死ぬまで資産は増え続けます。

VTSAXを購入する

この著書では、VTSAXというアメリカ市場の中の3,700銘柄に投資するインデックスファンドをすすめています。

VTSAXとは、バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックスファンドです。

インデックスファンドとはこちらで説明しています。

資産の構成(ポートフォリオ)については、次のようにすすめています。

  1. 株式としてVTSAXに投資。株式は長期間に渡って最も利回りが高く、インフレにも強く、資産を増やしてくれる
  2. 債券のVBTLX(バンガード・トータル・ボンド・マーケット・インデックスファンド)。債券が株式の激しい変動をならすための収入をもたらし、デフレに強くなります。
  3. 現金。定期的に発生する費用をまかない、緊急時の対応に役立ちます。

この構成を作りますが、引退するまではVTSAXで投資し、資産からのお金で生活するようになったら、2の債券を増やしていくという考えです。

VTSAXの銘柄を見ると、スター起業が消えていく一方、新しい企業が生まれ、成長し株式が公開されていると言います。

このように、滅びたものははずれ、新しい企業が入れ替わり自浄されていくというのです。

インデックスファンドのVTSAXをすすめるわけ

インデックス投資の基本的な考え方は、個別の銘柄選びに成功する確率は、とても小さいので、インデックスを構成するすべての株式を買うことで、よい結果が得られるというものです。

VTSAXはアメリカの3700銘柄に投資できるのです。

インデックスファンドは、市場の平均を購入することになりますが、ファンドマネージャーが選んだものよりも成績がいいのです。

過去15年間で、インデックスファンドがアクティブ運用(人が選ぶ運用)を上回ったケースが82%、30年間だと99%にもなるということです。

つまりVTSAXのような株式市場全体のインデックスとなっているファンドを購入すれば、トップレベルの成績を上げられるのです。

2.日本では楽天全米株式インデックスファンドVTIを購入

日本でVTSAXのようなものを購入できるのは、VTSAXのETF版であるVTI(バンガード・トータル・ストックマーケットETF)です。

ETFとは、上場した投資信託で色々なおかずの詰め合わせのようなものになります。詳しくは、こちら↓

VTIは基本的にVTSAXと同じで、アメリカの市場に出ている大中小すべての企業の株に投資しているものです。

このインデックスファンドに投資すれば、アメリカ市場全ての企業があなたに利益をもたらしてくれることになります。自営業・フリーランスの方が老後資金を貯めるのにいいのです。

毎年かかる信託手数料は、0.162%とS&P500に比べれば少し高めですが、100万投資して1,620円です。アメリカのバンガード社VTSAXを直接購入できれば、なんと0.04%ですが間に会社が入っているのでしょうがないのです。

日本では、楽天証券で購入でき、楽天・全米株式インデックス・ファンドというものです。

楽天・全米株式インデックス・ファンド | 投資信託 | 楽天証券
楽天・バンガード・ファンド(全米&#26666...

3.S&P500と楽天全米株式インデックスファンドどちらがいいか

全米の会社をまるごと買うというイメージの楽天VTIとこのサイトでおすすめしているS&P500は、どちらに投資してもいいのです。

全米およそ4000銘柄に投資できるVTIと、大型株中心に選ばれた500社のS&P500の成績は、ほとんど変わらない状態です。

画像参照元(SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドと楽天VTIの比較

組み入れ銘柄上位10社について比較しても以下のように、あまり変わりません。

出典:Bloomberg

S&P500VTI
マイクロソフト(4.20%)マイクロソフト(3.49%)
アップル(3.74%)アップル(2.95%)
アマゾン・ドット・コム(3.10%)アマゾン・ドット・コム(2.62%)
フェイスブック(1.88%)フェイスブック(1.56%)
バークシャー・ハサウェイ(1.55%)バークシャー・ハサウェイ(1.30%)
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(1.51%)アルファベット(1.22%)
アルファベット(1.50%)アルファベット(1.21%)
アルファベット(1.47%)JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(1.20%)
ジョンソン・エンド・ジョンソン(1.39%)ジョンソン・エンド・ジョンソン(1.16%)
10エクソンモービル(1.26%)エクソンモービル(1.05%)

このようにリターンも組み入れ銘柄も変わらないのでどちらもおすすめです。長期で見るとVTIの方がややリターンが大きく、最近はS&P500の方が高くなっている傾向があります。

世界的には、S&P500の方が買われている一方で、アクティブファンドのように人の選ぶ手が少ない(機械的に全て購入している)VTIも魅力的です。

まとめ

自営業・フリーランスの方が老後資金を作ろうとする際に、参考にして欲しい書籍が、「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」という本でした。

金融の先進国アメリカの本で、娘のために投資に関するブログを書いていた内容が書かれています。

この著書では、投資して、資産を作りその資産のリターンの内4%だけを使って生活していくというものです。

この著書では、資産運用するのにVTSAXというアメリカ市場の中の3700銘柄に投資するインデックスファンドをすすめています。

インデックス投資の基本的な考え方は、個別の銘柄選びに成功する確率は、とても小さいので、インデックスを構成するすべての株式を買うことで、よい結果が得られるというものです

日本でVTSAXのようなものを購入できるのは、VTSAXのETF版であるVTI(バンガード・トータル・ストックマーケットETF)です。

全米の会社をまるごと買うというイメージの楽天VTIとこのサイトでおすすめしているS&P500は、どちらに投資してもいいのです。

自営業・フリーランスの方は、老後資金を作るために楽天VTIを購入するのもいいのではないでしょうか。

※紹介した投資手法は、参考として読んで下さい。投資はリスクがありますので、投資については自己責任でお願い致します。

【50万口座突破】アメリカだけでなく日本の高配当株にも分散投資するならLINE証券がおすすめ。キャンペーンも実施中!

おすすめの楽天証券口座開設

ETFを購入するなら加入者数ナンバーワンのSBI証券口座

【人気記事】

自営業・フリーランスにおすすめなVTSAXの買い方
自営業・フリーランスの不動産投資はマンションではなくアパート一棟
自営業・フリーランスは老後資金2000万円以上必要!?老後は旅行三昧できるインデックスファンドとは
自営業・フリーランスの方が余剰資金で運用する米国増配当VIG
【自営業・フリーランスの老後資金】著書お勧めVTSAXを日本で買う

コメント

タイトルとURLをコピーしました