自営業・フリーランスにおすすめなVTSAXの買い方

投資信託・ETF
スポンサーリンク

著書「父が娘に伝える自由生きるための30の投資の教え」で勧めているVTSAXを日本で買うには、どうしたらいいかを解説していきます。

結論から話すと、VTSAXは楽天証券やLINE証券などで購入できませんが、楽天VTIを購入すれば同じように全米の会社に投資することが可能です。

VTSAXを日本で購入するには

VTSAXは、著書「父が娘に伝える自由生きるための30の投資の教え」で著者が実際に投資しているファンドですが、日本では楽天証券、LINE証券などでは販売されていません。

しかし、全米に投資するファンドとしては、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)があり、楽天証券でも楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)という投資信託があります。

楽天VTIが投資しているVTIの概要は、次の通りです。

組入銘柄数約3,600銘柄
配当利回り1.61%
設定日2001年5月24日

ただし楽天VTIの場合、配当は自動で再投資されるので配当金は入ってきません。

VTSAXの構成銘柄数もほぼ同じといっていいでしょう。

VTSAXのように全米に投資するには、楽天VTIに投資すればいいのですが、VTSAXとVTIの組み入れ銘柄の比較もしてみましょう。

VTSAXとVTIの上位組み入れ銘柄の比較

VTSAXの上位組み入れ銘柄は、次のようになっています。

組み入れ銘柄割合
アップル5.03%
マイクロソフト4.44%
Amazonドット・コム3.70%
フェイスブック1.83%
アルファベット(Google)1.45%
アルファベット(Google)1.37%
バークシャー・ハサウェイ1.17%
テスラ1.16%
ジョンソン・エンド・ジョンソン1.04%
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー0.99%

データ参照元:https://www.bloomberg.co.jp/quote/VTSAX:US

VTIの上位組み入れ銘柄は、次のようになっています。

組み入れ銘柄割合
Apple Inc.5.824%
Microsoft Corp.4.947%
Amazon.com Inc.4.232%
Facebook Inc. ClassA2.039%
Alphabet Inc. ClassA(Google)1.415%
Alphabet Inc. ClassC(Google)1.349%
Johnson & Johnson1.169%
Berkshire Hathaway Inc. ClassB1.158%
Tesla Inc.1.070%
Visa Inc. ClassA1.030%

データ参照元:投資の達人

データの参照元の時期により多少異なっていますが、ほとんどが同じ銘柄、割合になっているのが分かります。上位6銘柄は全く同じ順番で、残り3銘柄も順番が違うだけで同じです。

つまり、VTSAXを日本で購入したいと思ったら、楽天証券で楽天VTIを購入すれば同じような投資できるのです。

S&P500でも似たようなもの

楽天VTI以外に、アメリカの投資で有名なS&P500というインデックスファンドがあります。

楽天VTIは、アメリカ株全体に投資するイメージで、S&P500は厳選された大型株500社に投資するというものになります。

楽天VTIは、アメリカの株ほぼ100%を含むものになりますが、S&P500には小型株が含まれずアメリカ全体の80%をカバーするものになっています。

楽天VTIのここ1年のチャートは次の通りになっています。

一方で、S&P500(SBI証券)のここ1年のチャートは次の通りになっています。

どちらのチャートも同じような形になっています。コロナショックのときの下落率もともに30%弱で、同じように回復しているのが分かります。

つまり、楽天VTIでなくても、多くの証券会社で購入できるインデックスファンドのS&P500でも、同じような投資できます。

S&P500に投資する場合は、以下のネット証券で購入できます。

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • LINE証券

楽天証券
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 
買付手数料0円 管理費用 0.0968%

SBI証券
SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
信託手数料 0.0938%程度

LINE証券
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
売買手数料は0円 運用手数料 0.0968%

どこのネット証券でもS&P500に投資できるのでおすすめです。

【50万口座突破】アメリカだけでなく日本の高配当株にも分散投資するならLINE証券がおすすめ。キャンペーンも実施中!

まとめ

VTSAXは、著書「父が娘に伝える自由生きるための30の投資の教え」で著者が実際に投資しているファンドですが、日本では楽天証券、LINE証券などでは販売されていません

しかし、全米に投資するファンドとしては、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)があり、楽天証券でも楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)という投資信託があります。

VTSAXと楽天VTIの組み入れ銘柄数は、ほぼ同じで、上位銘柄もほとんどが同じ銘柄、割合になっているのが分かります。上位6銘柄は全く同じ順番で、残り3銘柄も順番が違うだけで同じです。

つまり、VTSAXを日本で購入したいと思ったら、楽天証券で楽天VTIを購入すれば同じような投資できるのです。

楽天VTI以外に、アメリカの投資で有名なS&P500というインデックスファンドがあります。

楽天VTIは、アメリカ株全体に投資するイメージで、S&P500は厳選された大型株500社に投資するというものになります。

しかし、楽天VTIとS&P500のチャートは良く似ていて、S&P500に投資しても楽天VTIと同じような投資できます。

VTSAXでなくても、楽天VTIやS&P500ならば同じように投資できます。

【50万口座突破】アメリカだけでなく日本の高配当株にも分散投資するならLINE証券がおすすめ。キャンペーンも実施中!

おすすめの楽天証券口座開設

ETFを購入するなら加入者数ナンバーワンのSBI証券口座

※紹介した投資手法は、参考として読んで下さい。投資はリスクがありますので、投資については自己責任でお願い致します。

【人気記事】

自営業・フリーランスにおすすめなVTSAXの買い方
自営業・フリーランスの不動産投資はマンションではなくアパート一棟
自営業・フリーランスは老後資金2000万円以上必要!?老後は旅行三昧できるインデックスファンドとは
自営業・フリーランスの方が余剰資金で運用する米国増配当VIG
【自営業・フリーランスの老後資金】著書お勧めVTSAXを日本で買う

コメント

タイトルとURLをコピーしました