自営業・フリーランスが不動産投資するには中古戸建て・アパート一棟

不動産投資

自営業・フリーランスの方が老後資金のために不動産投資するには、中古一戸建てや地方アパート一棟がおすすめです。不動産投資の業界は、ぼったくりがはびこっているので注意しながら、確かな物件を手に入れましょう。

ぼったくりに注意し、自分でちゃんと管理する

不動産投資の業界はぼったくりする業者が沢山いるので、しっかり自分で確認する必要があります。

そのために知識をしっかりと付けておきましょう。

例えばアパートを取得する際に、物件の利回り情報に諸経費が書かれていないことが多いのです。

不動産取得税や、消費税、登録免許税、印紙税、登記に必要な司法書士の費用などが含まれないで計算されているため、実際には書かれている利回りよりも悪くなります。

そのことを知っておくだけでも、ぼったくられる可能性が減ってくるのではないでしょうか。

新築区分マンションの存在自体がぼったくり

新築区分マンションの存在自体がぼったくりになっています。年金代わりになるという言葉で、誘ってきます。

新築区分マンションは、買った瞬間に2割が値下がりするというものなので、まず購入しないほうがいいでしょう。

中古区分マンションも買取再販業者から購入する際には、注意が必要です。中古区分マンションを購入する際には、業者から購入するよりも売り主から直接購入する方が安いことが多いのです。

これは、アパート一棟の購入に関しても同じになります。

自営業・フリーランスの人がはじめに投資するのにおすすめは、中古戸建投資

自営業・フリーランスの人がはじめに投資するのにおすすめなのは、中古戸建投資です。

中古戸建投資すれば、600万で購入して家賃7万などの収入を得られます。

中古戸建投資のメリットは次のようなものがあります。

  • 投資金額が安い
  • 管理が楽
  • 売りやすい
  • いい物件が見つかりやすい

中古戸建投資は、500万くらいからと安く購入できます。銀行から融資を受けることなく、リスクなく運用できるのがいい点です。

中古戸建は、安く購入してリフォームやリノベーションして高く貸せます。

アパートやマンションと比べると、管理が楽です。共有部の掃除などの管理が必要ないので、手間が少なく運用できます。

アパートやマンション一棟と比べて、一般の人も購入してくれるため売却しやすいというメリットもあります。

売主が素人で売っている場合が多いので、掘り出し物のいい物件に出会う機会があります

ホームズやアットホームなどで中古戸建を検索すれば、良い条件で安く売りだしているものを見つけられます。

一方で、デメリットとしては外壁やシロアリなどの修繕に費用がかかることがあります。これは、アパートであってもありますが、不動産投資でのリスクになります。

自営業・フリーランスの方がはじめに投資するのは、地方アパート一棟もおすすめ

自営業・フリーランスの方がはじめに投資するのは、地方アパート一棟もおすすめです。

アパート一棟というと、区分マンションに比べて費用がかかりそうというイメージもあるかもしれませんが、地方の中古アパートであれば安く購入することもできます。

アパート一棟投資のメリットは、次のようになります。

  • 利回りが高い
  • 家賃収入が大きい
  • 運営管理が自由にできる
  • 収入が無くなるリスクが小さい

不動産投資のサイト健美家が出しているデータでは、2020年7月~9月で区分マンションの平均利回りが7.80%に対して、アパート一棟が8.63%となっています。

地方のアパートであればもっと利回りが出る物件を探すのも可能です。20%、30%の利回りの物件も見つかります。

そのような物件をリフォームやリノベーションして運用できます。

そしてアパート一棟であれば複数の部屋があります。10部屋の家賃が入ってくるのと、区分マンションの1室からの家賃収入では大きく差が出ることはあきらかです。

アパート一棟であれば、大規模修繕や改装などを自分の意向で自由に進められます。

区分マンションでは、共有部については自分一人の意向ではどうすることもできないのです。

アパート一棟であれば、複数の部屋があるので収入がゼロになるリスクは少ないのです。一方で区分マンションは空室になれば、管理費だけがかかり赤字となります。

アパート一棟のデメリットとしては、失敗したときのリスクが大きいということがあります。投資金額が大きく、複数の部屋を運用していくことになるので、地震や火災などで一挙に被害を受けることがあります。

まとめ

自営業・フリーランスの方が老後資金のために不動産投資するには、中古一戸建てや地方アパート一棟がおすすめです。

ところで、不動産投資の業界はぼったくりする業者が沢山いるので、しっかり自分で確認する必要があります。

新築区分マンションの存在自体がぼったくりになっています。年金代わりになるという言葉で、誘ってきます。

自営業・フリーランスの人がはじめに投資するのにおすすめは、中古戸建投資です。

中古戸建投資のメリットは次のようなものがあります。

  • 投資金額が安い
  • 管理が楽
  • 売りやすい
  • いい物件が見つかりやすい

自営業・フリーランスの方がはじめに投資するのは、地方アパート一棟もおすすめです。

アパート一棟投資のメリットは、次のようになります。

  • 利回りが高い
  • 家賃収入が大きい
  • 運営管理が自由にできる
  • 収入が無くなるリスクが小さい

自営業・フリーランスの方は、老後資金のために不動産投資するのもおすすめです。本業での売り上げが沢山あったときは、中古戸建や地方中古アパート一棟を購入して高いリターンを狙いましょう。

【人気記事】

【自営業・フリーランスの老後資金】著書お勧めVTSAXを日本で買う
自営業・フリーランスにおすすめなVTSAXの買い方
米国債券AGGとLQDどちらに投資すればいい?
自営業・フリーランスの方が余剰資金で運用する米国増配当VIG
自営業やフリーランスの方が投資してFIREできる道のり

コメント

タイトルとURLをコピーしました