自営業・フリーランスが始める不動産クラウドファンディング

不動産投資
スポンサーリンク

自営業やフリーランスの方が不動産投資する場合、多くの資金が必要となってきます。最低でも400万くらいの資金から投資することになります。しかし、この記事で紹介する不動産クラウドファンディングであれば少額から投資が可能な不動産投資です。

不動産クラウドファンディングのメリットや良い不動産クラウドファンディングの見極め方などを解説していきます。

不動産クラウドファンディングとは

不動産クラウドファンディングとは、インターネット上で投資希望者から資金を集め、その資金で不動産を購入し、得られた家賃収入や売却益を投資家に分配するという投資です。

不動産投資には多額の資金が必要ですが、不動産クラウドファンディングであれば少額から投資を始められます。

例えば、「このホテルに投資したいので、他にも投資したいと考えている人はいませんか?」とクラウドファンディングのサイトで出資者を集めるものです。

不動産クラウドファンディングは、個人でも法人でも投資できます。

不動産クラウドファンディングのメリット

不動産クラウドファンディングのメリットは、以下の通りです。

  • 少額で不動産投資を始められる
  • 投資家とのつながりが作れる
  • 自分で投資する物件を選べる
  • 優先劣後方式により投資家の利益が守られる

順に説明していきます。

少額で不動産投資を始められる

不動産クラウドファンディングは、1口1万円から投資が可能です。個人でも参加でき、1万円という額からでも不動産オーナーになれるのです。

不動産クラウドファンディングは、大勢の投資家により運営されるので、自分の投資額が少なくても、億単位のホテルへの投資なども可能になってきます。

投資家とのつながりが作れる

同じ物件に投資しているということから、投資家同士のつながりも作れるという特徴があります。

SNSでコミュニケーションを取ったり、実際に会って話したりもできます。同じ物件に投資しているもの同士なので、その結束力は強く投資家同士のつながりを持てます。

自分で投資する物件を選べる

不動産クラウドファンディングは、プロジェクトに物件の詳細情報が掲載されています。物件ごとの情報を見て、自分で好きな物件を選び投資できます。

実際に自分で不動産投資するときのように、不動産クラウドファンディングでも、自分の気になる物件に投資できるのです。

優先劣後方式により投資家の利益が守られる

不動産クラウドファンディングは、優先劣後方式とうものにより投資家の利益が守られています。

優先劣後方式では、投資家がまず物件に出資して、投資家の出資金だけでは不足する資金を運営法人が補填します。

ここで先に投資した投資家を優先出資者、あとから投資した運営法人を劣後出資者といいます。

優先出資者は、利益を優先的に受け取れ、損失に対しても優先的に回避される仕組みになっています。

もし利益が出た場合には、優先出資者が先に利益を受け取り、残った分を劣後出資者が受けります。

一方で、不動産価値が下がり、損失が発生した場合には、劣後出資者の運営法人が値下がり分を追うことになります。

例えば、20%の割合で劣後出資が行われていた場合、不動産価値が20%下落しても、劣後出資者がその下落を追うことになり、投資家には損失が発生しません。

不動産クラウドファンディングとREITの違い

投資家から資金を集めて不動産を運用し、利益を投資家に分配する投資にREITがありますが、不動産クラウドファンディングと何が違うのでしょうか。


REITは不動産投資信託の一種であります。不動産法人が多くの投資家から資金を集め、その資金を元手に複数の不動産投資して、得られた利益を投資家に分配する金融商品です。

REITは不動産が証券化されており、株と同じように証券取引所で売買できるのが特徴です。

REITの価格は投資家の需要と供給により変動します。

一方で不動産クラウドファンディングは、不動産購入者の一員という権利を購入するものです。REITのように証券所で売買できるものではないので、REITよりも流動性が低く(売却しにくい)、現金化しにくいという側面があります。

REITは資金から複数の不動産を購入しますが、不動産クラウドファンディングは、資金をもとでに投資するのは一件の不動産です。

不動産クラウドファンディングで分散投資するには、複数の物件を投資していく必要がありますが、REITでは1口で分散投資されます。

また購入する不動産については、不動産クラウドファンディングでは公開されている物件情報から自分で選べますが、REITの場合は、全て証券会社が選びます。

良い不動産クラウドファンディングの見極め方

良い不動産クラウドファンディングの見極め方は、次のようになります。

  • 不動産案件の扱う数が多い
  • 不動産投資先の情報が十分に公開されている
  • クラウドファンディングで運用される不動産の種類が自分の目的に合っている

順に説明します。

不動産案件の扱う数が多い

クラウドファンディングで扱う不動産案件の数が十分なものを選ぶようにします。不動産案件が少ないと、少ないなから選ばなければならなくなりますし、案件の取り合いにもなります。

十分な数の不動産案件を扱っていれば、自分の投資にあった案件を選べるので安心です。

そして複数の不動産案件があれば、案件ごとに比較することもできます。

不動産投資先の情報が十分に公開されている

投資先の不動産情報が十分に公開されていることも大切なポイントです。不動産クラウドファンディングで投資する上で、案件の情報というのはとても大切です。

以下のような情報が書かれているか確認します。

  • 物件の住所
  • 物件の築年数や面積
  • 施工会社
  • 運営会社
  • 運営会社の詳細情報
  • 収支シミュレーション

特に運営会社に関する情報は大切です。もしクラウドファンディングで目標額に達成しなかった場合には、運営会社が補填するので十分な資金があるかが大切です。

そして、物件の安定性を知ることも大切です。運営会社が破綻してしまった場合、物件の売却などがうまくいかずに投資家にお金が返ってこないこともあるからです。

また利回りなどのシミュレーションも妥当なものになっているか確認する必要があります。通常、都内マンションの利回りは3~6%程度ですが、マンションなのに10%を超えているようなシミュレーションしているものはあまり信頼できないかもしれません。

クラウドファンディングで運用される不動産の種類が自分の目的に合っている

クラウドファンディングで運用される不動産の種類が自分の目的になっているかも大切です。

不動産の種類とは、マンションやアパートなどの居住用不動産や、ホテルや民泊などの宿泊施設になります。

マンションなどの居住用不動産は、需要がある程度は安定して見込まれますが、利回りは限定的です。

一方で、ホテルや民泊などの宿泊施設は、高利回りが狙えますが、利用者が少なくなれば、収益が減る可能性もあります。

特にコロナなどの影響で利用者が少なくなると、リターンを得にくくなります。

初心者におすすめの不動産クラウドファンディング4選

初心者におすすめの不動産クラウドファンディングは、次の4つです。

  • 厳選された物件があるWARASHIBE
  • 都内ワンルームマンションが対象のRimple
  • 大型投資案件のあるCREAL
  • 1万円から投資できるOwnersBook

順に紹介していきます。

厳選された物件があるWARASHIBE

2020年から運営を開始した不動産クラウドファンディングです。一般的な不動産クラウドファンディングでは物件の概要程度の公開が多いですが、WARASHIBEは、物件の写真、所在地、入居状況、周辺データなどの情報が詳しく掲載されています。

2021年3月現在13件の案件が掲載されており、1口10万円から投資できるものもあります。途中解約も可能という特徴があります。

都内ワンルームマンションが対象のRimple

東証一部上場企業であるプロパティエージェントが運営する不動産クラウドファンディングです。都心のワンルームマンションを中心に案件があります。こちらのサイトでは、不動産投資する際に、ワンルームマンションは進めていませんが、不動産クラウドファンディングのように少額ならいいかもしれません。

セゾンカードの永久不滅ポイントやハピタスポイントなどが使えます。

大型投資案件のあるCREAL

8億円を超える大型投資案件もあり、また案件数も多く扱っている不動産クラウドファンディングです。1万円から投資できるので、初心者でも気軽に始められます。

区分マンションや一棟マンション案件だけでなく、ホテルなどの宿泊施設も扱っているため分散投資が可能です。

大規模案件の中には、観光施設の案件なども含まれており、外国人の観光客が減ってくると収益が悪くなる可能性まおります。

その他には、ヘルスケア施設案件、教育施設案件などもあります。

1万円から投資できるOwnersBook

東証マザーズに上場しているロードスターキャピタル株式会社が運営する不動産クラウドファンディングです。

不動産のプロが運営しており、1万円から投資可能です。

案件の例としては、店舗ビル1棟を担保にするシニアローンなどがあります。配当スケジュールや収益シミュレーションが細かく掲載されており、分かりやすいのです。

まとめ

不動産投資する場合、多くの資金が必要となってきます。最低でも400万くらいの資金から投資することになります。

しかし、この記事で紹介する不動産クラウドファンディングであれば少額から投資が可能な不動産投資でした。

不動産クラウドファンディングとは、インターネット上で投資希望者から資金を集め、その資金で不動産を購入し、得られた家賃収入や売却益を投資家に分配するという投資です。

不動産クラウドファンディングのメリットは、以下の通りです。

  • 少額で不動産投資を始められる
  • 投資家とのつながりが作れる
  • 自分で投資する物件を選べる
  • 優先劣後方式により投資家の利益が守られる

良い不動産クラウドファンディングの見極め方は、次のようになります。

  • 不動産案件の扱う数が多い
  • 不動産投資先の情報が十分に公開されている
  • クラウドファンディングで運用される不動産の種類が自分の目的に合っている

初心者におすすめの不動産クラウドファンディングは、次の4つです。

  • 厳選された物件があるWARASHIBE
  • 都内ワンルームマンションが対象のRimple
  • 大型投資案件のあるCREAL
  • 1万円から投資できるOwnersBook

自営業やフリーランスの方で、本業が忙しくなかなか時間を作れない場合、不動産投資するのは大変かもしれません。

しかし、不動産クラウドファンディングであれば不動産運用に関しては任せられるので、おすすめです。利回りも、株式の高配当ETFよりはいいリターンを狙えます。

【人気記事】

自営業・フリーランスにおすすめなVTSAXの買い方
【自営業・フリーランスの老後資金】著書お勧めVTSAXを日本で買う
自営業・フリーランスの不動産投資はマンションではなくアパート一棟
自営業・フリーランスの方が余剰資金で運用する米国増配当VIG
米国債券AGGとLQDどちらに投資すればいい?

コメント

タイトルとURLをコピーしました