自営業やフリーランスが老後資金におすすめな情報技術セクターVGT

投資信託・ETF
スポンサーリンク

バンガードが出している情報技術セクターETFに、VGTというファンドがあります。占星術上2021年から200年風の時代に入り、情報通信は益々成長していくことが考えられます。VGTは、風の時代にキャピタルゲイン、インカムゲインとも狙えるETFです。

VGTとは

VGTとは、Vanguard Information Technology ETFのことでバンガード社の中の米国情報技術セクターのETFです。コンピューターやインターネットに関連した事業している銘柄で構成されています。

AppleやMicrosoft、Intelなど世界を牽引する企業が含まれています。以前はGoogleやFacebookなども含まれていたのですが、セクター分類変更により通信サービスセクターに移動し、今はVGTには含まれていません。

設定された2004年から2021年で株価は、7.4倍まで成長しています。

VGTの概要は、次の通りです。

構成銘柄数327
総資産額241億ドル(約2.63兆円)
配当金(過去10年平均)$1.583
配当利回り(過去10年平均)1.31%
経費率0.10%

VGTは、好調なパフォーマンスを反映しており、総資産額はバンガードの全セクターの中で最多となっています。配当利回りは、低めですが、株価が上昇しており分配金は増えています。

風の時代に成長するであろうETF

占星術上2020年12月22日から風の時代に入っています。これは、明治維新くらいの大きな変化の時を迎えており、コミュニケーションや目に見えないものが主流となります。

その中でも情報技術に関するものは、今後もさらに発展していくことが考えられます。

つまりVGTのETFは、今後200年成長していく可能性の高いファンドになっており、保有しているだけで資産が増えていく可能性が高いのです。

すでにVGTは17年で7倍まで株価が上がっていますが、今後もさらに発展していく可能性があります。

VGTの構成銘柄とサブセクター

VGTの上位構成銘柄は以下の通りになっています。

銘柄構成比率
アップル19.64%
マイクロソフト15.90%
エヌビディア3.23%
ビザ3.20%
マスターカード2.76%
ペイパルホールディングス2.76%
インテル2.37%
アドビ2.10%
セールスフォース・ドットコム1.88%
ブロードコム1.81%

構成銘柄は、風の時代の情報技術を担うであろうアップルとマイクロソフトや、電子マネーの象徴であるビザやマスターカード、ペイパルが入っています。つまり、これからの時代おすすめの銘柄が含まれています。

その他にも半導体メーカーのインテルや、PDF作成や画像編集ソフトを作っているアドビも入っており、盤石な銘柄で構成されています。

VGTのサブグループ比率は、次のようになっています。

サブグループ構成比率
テクノロジーハードウェア、ストレージ、周辺機器21.10%
システムソフトウェア20.00%
半導体16.30%
データ処理およびアウトソーシングサービス14.10%
アプリケーションソフトウェア13.50%
2021年3月16日現在バンガードHPより

情報技術を支える分野で構成されています。

VGTの配当金(分配金)の推移

VGTの配当金(分配金)の推移は、次のようになっています。

年末株価年間分配金分配金利回り
2020$353.79$2.9131.19%
2019$244.18$2.7201.63%
2018$166.83$2.1551.31%
2017$164.73$1.6251.34%
2016$121.50$1.5931.47%
2015$108.29$1.3881.33%
2014$104.48$1.1711.31%
2013$89.54$0.9441.37%
2012$69.11$0.8331.36%
2011$61.37$0.4850.79%

GoogleやFacebookなどが抜けた後の2019年以降は、株価が上がり、分配金も増えています。VGTは、分配金利回りはそれほど変化無いですが、株価が上がるので分配金は順調に増えています。

VGTのチャート

VGTのチャートは以下の通りです。

2004年の株価が47ドルから2021年まで順調に伸びて361ドルまで上がっています。情報通信技術は調子がよく上昇しているのが分かります。

2020年のコロナショックは、260ドルから200ドルまで下がっていますが、下落したのは一瞬です。6月には下落前の高値まで回復し、そこからは一挙に上がっています。

まとめ

こちらのサイトで紹介してますが、占星術上風の時代に入り、目に見えないものや情報に関してもっと盛んになっていきます。

そんな時代にあったETFがこのVGTになります。

VGTとは、Vanguard Information Technology ETFのことでバンガード社の中の米国情報技術セクターのETFです。

構成銘柄は、風の時代の情報技術を担うであろうアップルとマイクロソフトや、目に見えない電子マネーの象徴であるビザやマスターカード、ペイパルが入っています。

VGTは、株価が上がるので分配金利回りはそれほど変化無いですが、分配金は順調に増えています。

VGTのチャートは、2004年の株価が47ドルから2021年まで順調に伸びて361ドルまで上がっています。情報通信技術は調子がよく上昇しているのが分かります。

情報技術や電子マネーというこれからの時代の主流となる分野なのでVGTは、おすすめのETFです。

自営業やフリーランスの方が老後資金のために保有するにはとてもおすすめですが、情報技術セクターだけのETFなので他のセクターが入ったETFと分散して運用していきましょう。

※紹介した投資手法は、参考として読んで下さい。投資はリスクがありますので、投資については自己責任でお願い致します。

【50万口座突破】アメリカだけでなく日本の高配当株にも分散投資するならLINE証券がおすすめ。キャンペーンも実施中!

おすすめの楽天証券口座開設

ETFを購入するなら加入者数ナンバーワンのSBI証券口座

【人気記事】

【自営業・フリーランスの老後資金】著書お勧めVTSAXを日本で買う
自営業・フリーランスにおすすめなVTSAXの買い方
米国債券AGGとLQDどちらに投資すればいい?
自営業・フリーランスの方が余剰資金で運用する米国増配当VIG
自営業・フリーランスの不動産投資はマンションではなくアパート一棟

コメント

タイトルとURLをコピーしました