自営業やフリーランスの方が投資してFIREできる道のり

コラム
スポンサーリンク

これまで自営業やフリーランスが老後資金のために資産運用していく方法について説明してきました。しかし究極は、老後のためというよりも現役での資産からの収入を増やしFIREすることです。つまり資産運用からの資産が生活費を上回っている状態にするのです。

FIREとは

FIREとは、

Financial ・・・ 経済的
Independence ・・・ 独立
Retire ・・・ リタイア(現役引退)
Early ・・・ 早期

の略で経済的自立早期リタイアのことです。

つまり、労働しなくても資産からの収入で生活できてしまう状態です。実際にFIREできる仕組みについて、アメリカのトリニティ大学が1926年~1995年の69年間にS&P500のインデックス運用(平均利回り7.1%、インフレ率3%)で、4%取り崩しした場合、30年間元手を減らすことなく、利益を生み出し続けられる確率が95%という結果が出ています。

インデックスファンド4%の資産運用については、こちらの記事に詳しく書いてあります。

FIREすれば本当にやりたい仕事だけできる

FIREして経済的自立を得られれば、仕事を辞めることもできます。しかしFIREした多くの人が仕事を再開しています。それは、生きがいだったり、メリハリを持つためです。

自営業やフリーランスを続けたとしても、FIREするメリットはあります。FIREしていれば、お金のために働かなくても良くなります。つまり、自分のやりたい仕事だけをできるようになるのです。

普通、自営業やフリーランスで仕事していると生活のために、本当はやりたくないけどやっておこうという仕事は結構あります。本来自分の好きなことで収入を得たいと思って自営業やフリーランスを始める方は多いですが、生活のために現実にはやりたくないこともしているものです。

そこで、FIREできれば、やりたくない仕事はしないで済み、本当にやりたいと思うことだけやれるのです。

月20万の収入を資産運用から得るには

月20万(年間240万)の配当金を得るには、いくら資産運用する必要があるかは、次の通りです。

配当利回り(%)運用額(万円)
3%8000
4%6000
5%4800
6%4000
7%3429

インデックス投資が4%取り崩しできるとすると、6000万くらいは必要になります。しかし、好きな仕事だけを働き毎月10万稼いでいるとしたら月10万の配当金で済みます。これをサイドFIREといいます。

サイドFIREであれば、必要な資産額は3000万となります。資産3000万もかなり大きな額だと思うかもしれませんが、十分実現可能な額です。例えば10年でFIRE目的にするなら、5%の利回りだった場合、193,197円の積立が必要になります。もっと長く20年で達成するなら、その半額になります。

インデックス投資でなく高配当ETFによる投資も、SPYDやHDVであれば配当金が4%程度出るので月10万の収入を得るには、3000万くらい保有すればいいことになります。もっと分散を利かせるVYMの場合には、利回り3.6%程度なので、3000万強保有すればいいことになります。

投資の内訳(ポートフォリオ)

忙しい自営業やフリーランスの方は、手間がかからない株式による資産運用をメインに行っていくといいでしょう。もっと早くFIREを実現したいという自営業やフリーランスの方は、不動産投資も混ぜていくといいのです。

株式による資産運用

こちらのサイトで紹介している株式投資は、インデックスファンドと高配当ETF投資です。どちらに投資したらいいかというと、どちらにも分散投資するといいでしょう。インデックスファンドと高配当株投資の目的はそれぞれ違います。

インデックス投資は、資産総額の最大化
高配当株投資は、キャッシュフロー(毎月入る分配金)の最大化

です。

インデックス投資とは、日経平均やS&P500などの株価指数に連動して運用される投資手法で、平均6~7%のリターンがあります。

おすすめのインデックス投資は、アメリカの会社に分散投資するS&P500やVTIなどです。

さらに世界に分散させたいという人は、世界の会社に分散できるVTもあります。

インデックス投資については、こちらの記事に詳しく書いてあります。

一方で高配当株投資は、株を保有すれば定期的に配当金を得られるものになります。一度保有すればずっと保有し続けられ、売却を考えないで済むというメリットもあります。

高配当株投資で初心者におすすめなのは、米国ETFです。こちらの記事で紹介している米国ETFは、例えば次のようなものがあります。

これらの高配当株を3000万程度保有すれば月10万の収入を得られます。

ポートフォリオの例としては、

銘柄目標資産額
S&P5001000万
VYM1000万
VGT1000万

です。VGTは、風の時代になり成長する可能性があるので一定量保有しておくのがいいでしょう。

平均で5%の利回りだったとして、20年でこの資産を達成しようとした場合、毎月72,987円の積立すればいいことになります。

不動産投資で10%の利回りを作る

さらにもっとFIREの時期を早めたければ、不動産投資を入れていくといいでしょう。不動産投資は、いい物件を探し、リノベーションなどの工夫により10%以上の利回りを目指せます。

毎月10万を得るためには、利回り10%の場合、1200万の不動産投資すればいいことになります。株式投資に比べて手間はかかりますが、その分サイドFIREまでの道のりは短いのです。

投資向けポータルサイトの表面利回り20%以上から探す

投資物件一覧(利回り20%以上)|不動産投資☆連合隊
投資物件一覧(利回り20%以上)

そのほかは、アットホームのポータルサイトでなどで掘り出し物件を探す方法があります。毎日、価格を見て相場把握していきます。

リスクも知る

株式投資も不動産投資もリスクがあることは知っておく必要があります。安定的に増えると言われているS&P500でさえマイナスになる年もあります。短期的な暴落などに一喜一憂するのではなく、長期で保有する考えを持つことが大事です。

株式投資のリスク

株式投資やETFへの投資には次のようなリスクがあります。

  • 価格変動リスク
  • 流動性リスク
  • 為替リスク

順に説明していきます。

価格変動リスク

インデックス投資にしろ、ETFの投資にしろ指数に連動しているので、指数が変動すれば価格も変動していきます。S&P500でさえ、例えば2018年のトータルリターンは、-7.92%となっています。

価格変動リスクを抑えたければ、債券ETFにすると株式よりは変動が少なくて済みます。

流動性リスク

株式もETFも取引所で売買できますが、流動性のリスクもあります。つまり、売りたいときに売買が成立しないこともあるのです。不動産投資に比べれば流動性のリスクは少ないのですが、それでも流動性が低いファンドの場合には、売買成立しないことがあります。

為替リスク

海外の株式やETFを購入する場合は、上場されている取引所の国の通貨で取引されるため、円決済する場合には為替リスクがあります。つまり購入しようとするときに、円安になり購入価格が高くなることもありますし、逆に売却しようとするときに円高になり得られる円が少なくなることもあります。
どんなに優秀なETFでも、為替リスクにより損することもあるのです。

また個別銘柄を購入する場合は、その会社が倒産するリスクもありますが、投資信託やETFを購入すればそのリスクは分散できます。

例えば、VTIであればアメリカ全土の約3600社に分散投資しているので、1社が倒産してもその影響は少なく済みます。

不動産投資のリスク

不動産投資には、次のようなリスクがあります。

  • 空室、滞納リスク
  • 天災によるリスク
  • 流動化リスク
  • 不動産価格下落リスク
  • 建物の老朽化リスク

順に説明していきます。

空室、滞納リスク

どんなにいい物件を購入してリフォームできたとしても、空室であれば家賃収入がゼロです。そればかりか区分マンションの場合などは管理費を払わなければならないので、赤字になります。

そのため需要が高い物件を選んだり、サブリース契約を結び家賃が入ってくる仕組みを作る必要があります。サブリース契約を結べば、賃貸管理会社が貸主になるので空室時でも家賃が入ってきます。

また入居者と契約する際に保証会社を間に入れれば、家賃の滞納があった場合も支払いを保障してくれます。

天災によるリスク

不動産物件は、地震や台風、大雨や浸水などの被害にあう可能性があります。そのための対策として、火災保険や地震保険には必ず加入するようにしましょう。

火災保険に入ることであらゆる天災や事故を保障してくれるので安心です。行政のハザードマップなどを見て、どの災害が多いのかを把握しながら保険に入るといいでしょう。

流動化リスク

不動産物件は、売却しにくいというリスクがあります。不動産を売却する際に、不動産査定を受けて、不動産会社と媒介契約を交わし、情報を公開し、申し込みを受けると契約し、引き渡すという流れです。

日にち単位で売却できる株式とは違い、不動産の物件売却には半年かかることもあります。駅から近い物件を購入するなど、流動性が高い物件を選ぶ必要があるでしょう。

不動産価格下落リスク

不動産価値が下落するリスクもあります。対策としては立地のいい物件を探したり、購入した瞬間に利益になるような物件を探すということがあります。

家賃収入を継続的に得られ、売却時も高く売れやすいようなエリアの物件を選んでいきましょう。

建物の老朽化リスク

不動産物件は、現物資産なので建物が経年劣化していきます。つまり、築年数とともに売却額や家賃が下がっていきます。株式投資の場合には、いくらでも保有し続けれらますが、不動産物件の建物価値はどんどんと下がっていくのです。

それでも自営業やフリーランスの方は、日頃からリスク管理というものはしっかりしている方が多いでしょう。資産運用に関しても、リスクを知った上でうまく資産を増やしていきましょう。

まとめ

これまで自営業やフリーランスが老後資金のために資産運用していく方法について説明してきました。しかし究極は、老後のためというよりも現役での資産からの収入を増やしFIREすることです。

FIREとは、経済的自立早期リタイアのことです。つまり、労働しなくても資産からの収入で生活できてしまう状態です。

自営業やフリーランスを続けたとしても、FIREするメリットはあります。FIREしていれば、お金のために働かなくても良くなります。つまり、自分のやりたい仕事だけをできるようになるのです。

月20万(年間240万)の配当金を得るには、いくら資産運用する必要があるかは、次の通りです。

配当利回り(%)運用額(万円)
3%8000
4%6000
5%4800
6%4000
7%3429

資産運用は、株式投資と不動産投資がありました。株式投資は、インデックスファンドと高配当株投資があります。

ポートフォリオの例としては、

銘柄目標資産額
S&P5001000万
VYM1000万
VGT1000万

さらにもっとFIREの時期を早めたければ、不動産投資を入れていくといいでしょう。不動産投資は、いい物件を探し、リノベーションなどの工夫により10%以上の利回りを目指せます。

株式投資も不動産投資もリスクがあることは知っておく必要があります。

株式投資やETFへの投資には次のようなリスクがあります。

  • 価格変動リスク
  • 流動性リスク
  • 為替リスク

不動産投資には、次のようなリスクがあります。

  • 空室、滞納リスク
  • 天災によるリスク
  • 流動化リスク
  • 不動産価格下落リスク
  • 建物の老朽化リスク

リスクを知った上で、FIREを目指していきましょう。FIREできれば、老後資金の問題も同時に解決できます。

【FREENANCE】無料でフリーランスの保障を受ける

【人気記事】

自営業・フリーランスにおすすめなVTSAXの買い方
自営業・フリーランスの不動産投資はマンションではなくアパート一棟
自営業・フリーランスは老後資金2000万円以上必要!?老後は旅行三昧できるインデックスファンドとは
自営業・フリーランスの方が余剰資金で運用する米国増配当VIG
【自営業・フリーランスの老後資金】著書お勧めVTSAXを日本で買う

コメント

タイトルとURLをコピーしました