風の時代におすすめ!コミュニケーション・セクター銘柄のVOX

金融投資

GoogleやFacebook、Netflix、Disneyなどが入っているバンガード社のコミュニケーション・セクター銘柄を組み入れたETFがおすすめです。

占星術上は風の時代になり、コミュニケーションサービスは今後200年に渡って発展していきます。

2018年から減配になっているのは、セクターが組み換えされGoogleなどの配当金を出さない会社が入ってきたためです。このため、VOXの配当金収入はあまり見込めませんが、値上がり益(キャピタルゲイン)を狙えるETFになっています。

VOXの概要

VOXとは、インデックスファンドを世界初始めたバンガード社が提供しているコミュニケーションサービスセクターのETFになります。

コミュニケーションサービスセクターは、SNS、エンターテイメント、音声通信サービスなどの銘柄が集まったETFになります。2018年9月に分類変更が行われ現在の銘柄構成になっています。

分類変更が行われ、Googleやフェイスブックが入ってきており、勢いがこれから出てくるかもしれません。

VOXの概要は、以下の通りです。

銘柄数117
ファンド総資産額21億ドル(約2,290億円)
配当利回り0.60%
経費率0.10%

経費率とは、ETFを運用していく上で、持っている資産のうち何パーセントの手数料が毎年かかるかという値です。VOXは、とても小さな経費率になっています。

VOXは、無配の銘柄が多く含まれているため、配当利回りは全セクターの中で最低となっています。

VOXの構成上位銘柄

VOXの構成上位10銘柄は、次の通りです。

銘柄構成比率(%)
フェイスブック16.56
アルファベット(Google)11.25
アルファベット(Google)11.11
ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー7.43
ベライゾン・コミュニケーションズ4.92
AT&T4.79
コムキャスト4.69
ネットフリックス4.29
チャーター・コミュニケーションズ2.37
アクティビジョン・ブリザード1.99
2021年4月21日現在

Googleは二つに分かれているので実質22%で最上位銘柄となっています。
Googleにフェイスブック、Disney、Netflixという目に見えないものが伸びてくる風の時代(占星術上)になり、今後も成長していく可能性の高い銘柄が入っています。

そのほかには、ベライゾン・コミュニケーションズ、AT&Tといった電気通信サービスを提供している銘柄が入ってきています。

コムキャストは、ケーブルテレビ、インターネット、モバイル事業などを傘下に収める大企業です。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの親会社でもあります。

チャーター・コミュニケーションズは、「spectrum」というブランドを展開しており、インターネットやモバイル事業などしています。

アクティビジョン・ブリザードは、有名なゲーム会社です。

VOXのサブグループの比率

VOXのサブグループ比率は、次のようになっています。

サブグループ比率
インタラクティブ・メディアおよびサービス42.5%
映画・娯楽13.7%
ケーブル・衛星テレビ12.7%
総合電気通信サービス12.4%
放送4.5%
インタラクティブ・ホームエンターテイメント4.3%
代替通信事業会社3.4%
無線通信サービス2.7%

VOXの配当金推移

VOXの配当金推移は、次のようになっています。

年間配当金配当金利回り
2020$0.8830.94%
2019$0.8431.14%
2018$2.0532.25%
2017$3.4913.49%
2016$2.6763.19%
2015$2.9803.52%
2014$2.2512.69%
2013$3.2434.63%
2012$2.4693.97%
2011$2.0093.06%

2018年以降に、無配であるGoogleやフェイスブック、ネットフリックス、チャーター・コミュニケーションズなどが入ってきたため、配当金は少なくなっています。

高配当投資をしたい人には、VOXは向いていないかもしれません。今後、Googleなどが配当金を出す経営に変えてくれば高配当になりますが、今のところ配当金はあてにしないほうがいいでしょう。

VOXのチャート

VOXと全米の会社に投資できるVTIのチャートを比較したものは、次のようになります。

2016年くらいまでは、VOXもVTIも同じような伸びを示していますが、それ以降VTIのチャートの方が伸び率が高くなっています。

VOXとS&P500のトータルリターンは、次のようになっています。

※ゆーたん@東大卒のセミリタイヤ物語より参照

トータルリターンは、2016年ころまではVOXの方がS&P500よりも上回っていましたが、その後負けています。

2017年までは、このETFは電気通信セクターでベライゾン、AT&Tの2銘柄のみで約47%を占める状態となっており、チャートにも反映されています。

まとめ

VOXとは、インデックスファンドを世界初始めたバンガード社が提供しているコミュニケーションサービスセクターのETFになります。

VOXの特徴について説明してきました。

Googleにフェイスブック、Disney、Netflixという目に見えないものが伸びてくる風の時代(占星術上)になり、今後も成長していく可能性の高い銘柄が上位銘柄に入っています。

VOXの配当金は、2018年以降に無配であるGoogleやフェイスブックなどが入ってから減少しています。

VOXのチャートは、2016年まではVTIと同じ動きをしていますが、その後負けています。

トータルリターンは、2016年ころまではVOXの方がS&P500よりも上回っていましたが、その後負けています。

風の時代になりコミュニケーションサービスの伸びが期待されるため、現状のチャート以上に期待してもいいかと思います。

※紹介した投資手法は、参考として読んで下さい。投資はリスクがありますので、投資については自己責任でお願い致します。

【50万口座突破】アメリカだけでなく日本の高配当株にも分散投資するならLINE証券がおすすめ。キャンペーンも実施中!

ETFを購入するなら加入者数ナンバーワンのSBI証券口座

【人気記事】

【自営業・フリーランスの老後資金】著書お勧めVTSAXを日本で買う
自営業・フリーランスにおすすめなVTSAXの買い方
米国債券AGGとLQDどちらに投資すればいい?
自営業・フリーランスの方が余剰資金で運用する米国増配当VIG
自営業やフリーランスの方が投資してFIREできる道のり

コメント

タイトルとURLをコピーしました