自営業やフリーランスの不動産投資の始め方

不動産投資
スポンサーリンク

自営業やフリーランスの方が、実際に不動産投資を始めるにはどうすれば良いのか解説していきます。

不動産投資で失敗をせずに、家賃収入を得るための方法について説明します。

はじめにやることは知識を蓄えること

不動産投資は知識を蓄えるば蓄えるほど、確実に家賃収入を得られるようになります。そこでまずは不動産投資における、知識を蓄えていきます。

不動産投資に関する書籍やYouTubeなどの動画、大家さんが書いてるブログなどから情報を得ていきます。

その時に不動産投資に関する知識の質が良いものを選んでいくと良いでしょう。

不動産投資に関するセミナーなどは、こちらのサイトにもおすすめしていない区分マンションの不動産投資などを進めるために開かれてることが多いのです。

そのためあまりセミナーに参加して、情報を鵜呑みするのではなく、中古戸建てや一棟アパートなどを投資する方法について情報を集めると良いでしょう。

セミナー

セミナーに関しては先ほど説明したように、おすすめしませんが、特に無料セミナーはお勧めしません。

セミナーを開くのには会場費や人件費などのコストがかかるにもかかわらず、無料で提供しているのには、理由があります。

多くの場合は不動産業者が不動産を販売するためにセミナー開いているのです。

不動産投資していく上では、不動産に関する知識を身につけていく必要があります。

無料のセミナーでは、販売するための情報が提供されているので、そのような知識を得られることはほとんどありません。

有料のセミナーについてはセミナーの質が良いものに関しておすすめです。質の良い情報を得られるだけでなく、意識の高い投資家と出会うチャンスもあります。

不動産鑑定士やファイナルプランナー、宅建などの資格

不動産投資していくうえで不動産鑑定士、ファイナンシャルプランナー、宅建などの資格はほとんど役に立ちません。

ブログを書いたりYouTubeをする上で権威づけのために持ってくのはいいかもしれませんが、不動産投資における実践の知識とはほとんど関係がないのです。

例えば、不動産鑑定士は、土地や建物の価値を判断したり、有効な土地の使い方について、コンサルティングする際に使用します。

しかし不動産投資で必要なのは、良い物件を安く購入する方法だったり、良いリノベーションやリフォームする業者を見つけることだったり、いい不動産会社を見つけるということです。

不動産に関する資格や金融に関する資格と実践のノウハウとは、あまり関係がないのです。

不動産を取得するまでの流れ

自営業やフリーランスその方が不動産を取得するまでの流れについて解説します。

不動産投資する場合に、金融機関から融資を受ける方法が一般的ですがこのサイトでは、自己資金で投資することをお勧めしています。

空室になった時に赤字になるなどリスクがありますので、私のおすすめとしては、家賃収入が鈍くなりますが、本業で蓄えた自己資金での運用をおすすめしています。

不動産取得まで流れは以下の通りです。

  • 情報を集める
  • 資料請求する
  • 物件を分析する
  • 現地調査する
  • 買付証明書を出す
  • 売買契約を結ぶ
  • 物件価格を振り込む

順に説明していきます。

情報を集める

不動産ポータルサイトでめぼしい地域の物件を探します。探す時には定期的にある一定期間(1ヶ月や2ヶ月以上)ずっと見続けています。

そうすると相場が、分かってくるのでどのような物件を購入すればいいかが理解できます。

詳細についてはこちらの記事に書いてあります。

資料請求する

不動産ポータルサイトで、売り出し価格が安く、収入を見込めそうな物件を見つけたら不動産会社に物件の資料を請求します。

不動産投資のポータルサイトよりも、一般向けの不動産ポータルサイト(SUUMOやアットホームなど)の方がおすすめです。

一般の不動産ポータルサイトの方が一般の方が、相場よりも安い価格で売り出していることがあるからです。

物件を分析する

不動産会社から入手した物件情報をもとに、物件の分析を行います。物件価格と収益がどれくらいあるか分析します。

部屋の大きさからリノベーションやリフォームした場合に、周辺家賃と比較し家賃がどれぐらい取れるか計算していきます。

十分に利回りが取れそうであるならば、次のステップへ進んで行きます。

現地調査する

良さそうな物件があった場合には、現地に物件を見に行きます。

自分の目で見て物件をチェックするとともに、おすすめはリフォーム会社の人と一緒に行き、どれぐらいのリフォーム費用がかかるのか軽くを見積もってもらいます。

そうすることで、実際の利回りというものを計算できます。それから、不動産業者に対して対象物件のヒアリングを実施します。

詳細はこちらの記事に書いてあります。

買付証明書を出す

現地調査して物件の購入の意思が固まれば、次は買付証明書を不動産会社経由で売主に提出します。

買付証明書とは、売主に対してこの価格で購入したいという条件を指定するものです。他に指定したい条件もあれば一緒に記載します。

物件の売り出し価格は、高めに設定されてるので、1割以上低めに指値を書いても良いでしょう。

売買契約を結ぶ

そして売買契約を売主側と交わします。契約に必要な書類は、全て不動産業者が用意してくれます。

こちらのサイトでおすすめしている、融資は使わずに自己資金で行う場合には、売買契約の時点で全額を支払うことが多いでしょう。

手付金と分割する場合よりも、お金の流れがスムーズなので一括で支払うことがおすすめです。

物件価格は、大きな金額ですので通常は、銀行の窓口で振込が行われます。

決済が完了したら買主側と売主側で不動産登記を移転します。司法書士にお願いすれば登記してくれます。

まとめ

自営業やフリーランスの方が、不動産投資をはじめて不動産を取得できるまでには、半年などある程度の時間がかかります。

そして最初の1、2か月は不動産投資の知識を得るための勉強時間に当てる必要があります。

不動産投資をいろいろとやっていくつもりであれば、不動産業者にお願いするのではなく、自分でやって学んでいくこともいいかもしれません。

不動産管理する場合にも、管理会社に頼むよりも、自分で家賃の管理や修繕の管理などを行っていくと知識が付いていきます。

私も退去後のクリーニング業者などを、自分で探しいい業者に出会ったらそれ以降も同じ業者に頼むようにできています。

【人気記事】

【自営業・フリーランスの老後資金】著書お勧めVTSAXを日本で買う
自営業・フリーランスにおすすめなVTSAXの買い方
米国債券AGGとLQDどちらに投資すればいい?
自営業・フリーランスの不動産投資はマンションではなくアパート一棟
自営業・フリーランスの方が余剰資金で運用する米国増配当VIG

コメント

タイトルとURLをコピーしました