自営業やフリーランスの不動産投資事例と自己資金による投資

不動産投資
スポンサーリンク

実際に不動産投資している人の事例を紹介していきます。自営業やフリーランスの方だけではありませんが、どのような不動産投資しているのか参考にして頂ければと思います。

また、自己資金で不動産投資するすすめについても説明していきます。

【不動産投資事例1】退去率の低いファミリー物件を中心に投資

投資家Aさんは、シングルの物件だとすぐに退去してしまうが、ファミリー物件だと長く住んでもらえるという理由で投資しているようです。

またマンションの投資だと、自宅購入して出ていってしまうこともあるので、中古戸建のファミリー物件が一番いいとのことです。

やはり、不動産投資している中で、空室というのが一番避けたいところです。あまり、退去しない入居条件というのは、とても大切かもしれません。

【不動産投資事例2】長期入居につながる工夫

長期入居につながる工夫している人もいます。

毎年ある月になると、1,000円から2,000円程度の商品券を各部屋に配っていたりする事で、クレームなどが出ることが少なくなっています。

また管理会社にも、広告料を特別に増やさない代わりに、家賃一か月分を報償金として渡しているということもあります。

このように、少ない投資ですが、効果的な不動産投資につながっていきます。

【不動産投資事例3】地方で入居率の高い激安物件を探す

この方は、インターネットだけで物件を探していたそうですが、地方の不動産屋を回ることでいい物件に出会えたようです。

地方と言うと人口減少で物件を購入しても入居者がいないという問題がありますが、どこの地方でもそうだとは限りません。むしろ、競争が少なく美味しい物件も、地方にはたくさん転がっています。

そういう情報を不動産屋さんに足を運んで、回ることで情報が得られます。
やはり、不動産投資で大切なのは、いかに質の良い情報を得るかということです。

自己資金を勧める理由

不動産投資の王道である、融資を受けて大きく稼ぐという方法があります。しかし私は初心者のうちは、融資は使わない方が良いと考えています。

融資を受けて投資すると、入居者が退去された時、毎月支払いだけが残るからです。不動産投資で慣れた人であれば、入居者がすぐ入る物件を探せるでしょう。

しかし初心者はなかなかすぐ入居者が入るような物件を探すのは難しいはずです。入居者がいない状態は、管理費がかかるだけでなく、銀行への返済が出てしまいます。

投資してリターンを得るはずなのにマイナスの状態が毎月続くのです。

自営業・フリーランスの方の不動産投資

自営業フリーランスの方の不動産投資は、なおさら自己資金で投資することをおすすめします。自営業やフリーランスをしていれば、まとまった資金というのがたまることがあると思います。

そのたまった資金を、通常は事業へと回すことがあるかと思いますが、事業に回すまでに時間の余裕がない場合もあります。そんな時に、不動産投資に資金を回せば、お金のなる木になるのです。

サラリーマンに比べて、まとまったお金を扱うことが多いフリーランスや自営業の方は、不動産投資は自己資金でするのに向いています。

利回りが良くなる

入居者がいる場合には、家賃がそのまま利回りとなっています。区分マンションなどを所有している場合には、管理費がかかりますが、それでも銀行への返済が無い分利回りはいいです。

銀行から融資を受けるということは、それだけ借金しているので、マイナスの要素があるわけです。自己資金で不動産投資できれば、高利回りが実現できます。

激安中古物件を探して購入する

銀行から融資を受けない場合には、自己資金が少ないかもしれません。その場合には、中古戸建てやアパート一棟などの激安中古物件を探します。

物件の探し方については、こちらの記事で紹介しています。

アットホームなど一般の人が売り出している物件の中から、激安な狙い目の物件を探します。投資物件の専門のサイトは、プロが物件を売却しているため、価格は高めになっています。

一方でアットホームなどの一般のポータルサイトでは、一般の人が売り出していることがあるため、安く物件を購入できることがあります。

少ない自己資金で不動産物件を手にするには、そのような物件を探すことが必要でしょう。

まとめ

不動産物件の具体的な事例について紹介しました。すでに不動産投資している人の事例というのは、そのまま知恵として蓄積するのが良いでしょう。

さらに後半は、自己資金で不動産投資することをすすめる理由について書きました。不動産投資で得られる収入は少なくなりますが、自己投資のメリットもあります。

中古戸建てやアパート一棟などの激安物件を購入すれば、安定した収入を得られます。そして自己資金で投資していれば、仮に入居者がいない状態であっても、部屋が空いているだけでマイナスにはなりません。

入居者が入り、家賃収入が入ればそのまますべてが収入となります。自営業やフリーランスでの事業を回し、資産を作ってから、不動産投資していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました