FIREより大事なこと

コラム
スポンサーリンク

経済的な自立を目指すFIREよりも大事なことがあります。FIREして経済的に自由になったとしても、やるべきことがあります。

今回はフリーランスや自営業の方が、FIREして経済的に自由になったなることよりも、大切な事について説明していきます。

FIREについては、こちらの記事に書いてあります。

FIREより大切なこと

FIREより大切なことは、自分が何をして仕事をしているかということです。多くの人がFIREを目指すのは、今している仕事をしたくないからだと思います。

しかし実際にFIREを実現した後に、訪れるのは自分が生きていく目的というものです。

FIREをすれば、豊かな状態になり、いろんなものを購入でき、恩恵を受けられます。しかしそれだけでは、人生の喜びをまだ半分しか得られていないのです。

もう半分の、自分の個性を活かして仕事をする、ということが必要になってきます。

自分の個性を生かした仕事をする

自分のやりたいこと、自分の個性を生かした仕事をしていれば、FIREはしなくてもいいかもしれません。なぜならば自分のやりたいことをやっているので、その仕事を辞める必要がないからです。

もちろんFIREはとても大切です。FIREすることで、やりたくない仕事をしなくて済むようになりますし、自分のやりたいことだけを出来るようになります。

フリーランスや自営業の方が、FIREすれば、受注したくない仕事は断ればいいのです。

しかし実際に、FIREを実現した時に、直面するのが自分の生きがいです。自分の生きがいとは、自分の個性を活かし、世の中の役に立つということです。

今会社で働いている仕事が嫌なのであれば、FIREを目指すと共に、自分の個性を表現し仕事することに集中するべきです。自分の興味があること、自分のしたいことで、仕事ができればそれだけで幸せです。

自分の個性を仕事につなげる方法

会社で働いていたり、自営業やフリーランスの仕事をしていると、自分の個性や興味があることと離れていることが多いと思います。

中には自分の興味があることは、何なのかが全く分からない方もいるでしょう。そういう状況でも、まず第1に自分の時間に、自分の興味あることを取り組んでみることが大切です。

もしその取り組んでいることが、自分の興味があることと関係しているのであれば、時間はあっという間に過ぎるでしょう。そしてすぐその分野の専門家になれるでしょう。

その分野の専門家になれば、それを仕事とすることは、そんなに難しいことではありません。

世の中に仕事としていないような内容であれば、SNSやYouTubeなどで表現していけばいいのです。ブログのアフィリエイト、YouTubeの広告収入など手段は色々あるはずです。

自分の個性や興味あることが仕事になれば、FIREはあまり重要でなくなる

自分の興味あることや、個性に関することでお仕事ができれば、FIREはそれほど重要でなくなります。なぜならば仕事が楽しい上に、その仕事での収入が増えてきます。そして、楽しいので仕事を辞める理由がありません。

もちろん自分が事故や怪我などで仕事が出来なくなった時に、収入を作る意味でもFIREは意味があります。

しかし今FIREというのは、経済的自立して仕事をしなくて済む状態を作るという目的です。自分の個性や興味があることで仕事ができれば、収入に困ることはありません。極端にいえば、死ぬまで仕事しても幸せかもしれません。

自分の興味があることや個性に関することで、仕事をする収入の余剰分を投資に回し、FIREを目指すというのが一番スムーズかもしれません。

まとめ

今回、FIREより大事なことについて説明してきました。自分の興味があることや、自分の個性と関係したことを仕事にできれば、人生は幸せです。

自分の個性に関することであれば、仕事していて充実感があり、楽しい時間を過ごせます。つまりその状態ができれば、仕事をしないで済むということを考えなくてよくなります。

仕事をすることが、自分の楽しい時間となるからです。

その上でFIREを実現すれば、緊急事態に対応できたり、たまに休むこともできます。

会社員であろうと、自営業やフリーランスの方であろうと、まず取り組むべきは自分の興味があることが何なのかを見つめることです。

そして自分の興味があることに取り組み、それを仕事につなげることが次のステップです。

そして自分の興味があることや、好きなことで、仕事にできるようになったら、その収入の余剰部分を投資に回します。FIREを目指すのは、その後で十分だと思います。

FIREを目指す前に、まず自分の好きなこと、興味のあることを仕事にすることについて考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました