MEO(Google Mapを使ったマーケティング)とは

ビジネス

今回は、MEO(Googleマップを使ったマーケティング)について紹介していきます。

MEOは即時集客に向いているマーケティングです。

そしてMDSという会社が提供している、無料のサービスも紹介していきます。

MEO(Google Mapによるマーケティング)の動画

MEOとは

MEOというのは、Googleマップにおける最適化という施策です。

SEOは、聞いたことがあると人が多いかと思いますが、SEOは、Googleの検索エンジンで上位表示させる方法です。

このSEOではなく、MEOというのはGoogleマップの上で上位表示させる方法です。

今回、MDSという会社のMEOサービスについても紹介していきます。

MEOサービスを作った経緯というのは、MDSという会社の社長がかつて美容院を経営していた時に、集客がでず、マーケティングができず、潰れてしまったという経験があったからです。

もっと個人店でも、一人の経営者でも、簡単にマーケティングでき、集客できる方法を提供したいという思いで作りました。

GoogleマップのMEOの対策というのは、全ての店舗のGoogleマップに掲載される全ての店舗が対象となります。美容院だけではなく、ガソリンスタンドなども含めて、多くの事業が対象となります。

MEOのマーケティングとは

MEOマーケティングのポイント1つ目です。Googleのリスティング広告は、オークションマーケティングというお金を払えば払うほど上位表示されるというものです。

しかしこのMEOというのは、クオリティマーケティングというものです。クオリティが良く質が良いものほど、上位表示されるというものです。

これは、お金を払えば、上位表示されるというわけではないのです。

ポイント2つ目です。MEOとは、Googleマップにおける検索の最適化です。「業種と場所」のキーワードで検索するユーザーがターゲットです。

業種と場所のキーワード検索で、ユーザーの7割は、GoogleではなくGoogleマップを見て検索しているというデータがあります。

「渋谷 カフェ」で検索する人の7割ぐらいの人は、Googleマップで検索しているということです。

ポイント3つ目というの、は即時集客につながるということです。例えば業種とエリアで検索する人というのは、今からそこに行こうとしている確率が高いからです。

「表参道 ファッション」で検索している人は、これから表参道に行き購入する確率が高い人なのです。

MEOの特徴4つ目は、Googleアナリティクスでどれだけの人が来店したかというデータが取れるのです。

予約していて、どこから来て、実際何人購入したのかというデータが、Googleのアナリティクスで見ることは可能なのです。

MEOは、上位6位表示がベスト

Googleで検索する時にMEOのGoogleマップは、Googleの検索のSEO よりも上位表示されます。

そして実際に検索した人の74%は、このグーグルマップを見ます。

ところで、Google SEOの場合には上位表示させることが重要ですが、Googleマップで出た結果というのは、SEOと比較してユーザーが下の店舗まで見る可能性が高いのです。

そこでMEOの場合には、上位表示するのは、そこまで大切ではありません。実際には6位ぐらいの順位が一番いいともいわれています。

6位というのは、1スライドして最初に出てくるあたりの順位です。

と言っても1位、2位、3位はインプレッションが出るのでそれはそれで良いです。100位とかでは意味がありませんが、10以内に入ってればOKというのがMEOです。

MEO対策する上で大事なこと

最初に大事なことは、Google MEOのマイビジネスでの登録は、正しくされていることです。

例えば青山のカフェが、Googleマイビジネスの「渋谷 カフェ」で登録していたとしたらどうでしょうか。

「渋谷 カフェ」で検索した人が、わざわざタクシーで青山のカフェまで行くでしょうか。ほとんどの人は行かないです。

なので青山のカフェがGoogleマイビジネスに、「渋谷 カフェ」で登録していてはいつまでたってもお客さんが来ないのです。

つまりGoogleマイビジネスに正しい情報を設定する必要があります。

そして二つ目に大事なのが、他のお店と比較されるのでその対策が必要ということです。例えば、画像や動画などをふんだんに用意するということが必要です。

3つ目は、とは言っても上位表示されるのが大事ということです。理想は、5以内を狙っていくといいでしょう。1位でなくても大丈夫です。

実際にMEO対策をやってみる

MEO対策には、外部対策と内部対策というものがあります。

1つ目の対策としては、被リンクをたくさん作るということです。現実の世界でも有名な企業というのは、多くの人の口コミがあります。オンラインで口コミは何かと言うと、いろんなサイトに自分のサイトがリンクされているという状態です。

2つ目の対策としては、被リンクがなくてもエリア、店舗名、業種が書かれているインスタグラムなどが入ると、Googleがクローリングして上位表示されていきます。

例えば、「表参道 スタバ カフェ」などのような投稿があると、このお店について書かれているとGoogleは判断するのです。

3つ目に、MEOで大事なのは、ホームページへのアクセスが多く、滞在時間が長いということです。

内部施策としては、口コミが良いという状態を作っていきます。

たくさんの口コミがあり、評価が高いという状態を作っていく必要があります。

MEOには日々のアップデートがあるため、それも行っていく必要があります。

MEO対策する優先順位

MEO対策の優先順位の一番は、エリア分析していくということです。

「目黒 カフェ」で検索する人が月に12,000人いて、「目黒 カフェ おしゃれ」で検索する人が3,000人います。どちらのキーワードの方が良いか検討していく必要があるのです。

その際に、競合の分析もしていきます。

競合はどれだけの強さを持っているのかを見なければ判断できないのです。

例えば「目黒 カフェ」で出てきているトップのお店が、どの程度の頻度で更新しているのか、どの程度の口コミがあるのか、どの程度に被リンクがあるのか、をチェックしておく必要があります。

最後にキーワード分析していきます。例えば「目黒 カフェ」では上位表示が難しいため、「目黒 おしゃれ カフェ」で狙っていくというような感じです。

分析というのは、誰でもできるわけではないのです。そこで MDSの会社が作っているシステムを使うと分析が容易にできます。

アナリティクス(ビッグデータの分析)というものをします。これは例えば「渋谷 エステ」と検索する人が渋谷に何回くらいいるのか分析します。

次に競合の分析していきます。競合は、どれだけ被リンクがあるのか、そして被リンクはどこから来ているのか、もチェックしていきます。例えばカフェのお店なのに、アダルトサイトからリンクされていてもまったく意味がありません。

しかし多くのブロガーが、カフェを紹介していれば強い被リンクといえます。

その他にアクセス分析、評価分析、メンション分析という口コミがどれだけされているのかも分析していきます。

運用状況は、どうなのかを見て、総合的に見て競合を分析します。

最終的にそれらのデータをスコアリングと言って、スコア(数値化)していきます。

例えば「渋谷 エステ」はどうも、ちょっと難しいというようなことを自動で分析してくれます。

そしてその後にキーワードの、サジェスチョンが行われます。

例えば「表参道 エステ」というキーワードと「表参道 マッサージ おすすめ」のどちらがいいか普通は、わからないです。

「表参道 エステ」というキーワードでは、月間1,200回検索されています。

しかしMDSのシステムを通してみると、キーワードディフィカルティスコア(どれだけ掲載が難しいか)が28ポイントと、ちょっと高めに出ています。つまり少し難しいのです。

これを狙うと上位20以下になってしまうということがわかります。

「表参道 エステ」というキーワード検索する人の74%の人が見ますが、上位20位になってしまうと全体の3%の人しか見ないのです。

ということは、最終的なリーチは26人しかないということがわかります。

一方で、「表参道 マッサージ おすすめ」は400回しか月に検索されていません。

キーワードの分析結果が、12ポイントと弱いので、上位10位以内に入れるということがわかっています。

10位以内に入れば、70%位の人が見るので、最終リーチ数は200人くらいと分かります。なので、最終的には、「表参道 マッサージ おすすめ」の方がキーワードとしておすすめというSuggestionをしてくれるのです。

MDSのMEO対策の実績

MDS株式会社のシステムを使うと上位表示率88%以上です。例えば、2カ月で54組の来店に繋がっているという実績があります。MEOの施策をやってなかったお客様が、始めて一気に増えている状態です。

さらに、MDSのサービスとして、申し込み前に予測データを提出します。どういったキーワードで、どれだけの人が見に来て、どれくらいの人が来店するのかが分かるのです。

そこから、客単価をかければ、売上も予測できる状態です。

その売上が、月々払う金額よりも、高ければ、利益につながっていいます。

MEOの業者

MEOの業者を見分けるときに、気を付けることをお伝えします。

まず、「多分」という業者は気を付けたほうがいいです。

MEOというのは、分析すればはっきりと同程度の集客ができるかは分かるものです。多分というようなことを言うことはほぼありません。

2つ目に気をつけなければいけないのは、ビッグワードばかりを狙ってくる業者です。ビッグワードとは、「渋谷 エステ」のように多くの人が検索するキーワードです。

実際にそのようなビッグはキーワードでは、すぐに上位表示することは難しく、業者が長く契約するための手段とも言えます。

3つ目に気を付けなければいけないのが、成果報酬を言ってくる業者です。

成果報酬というのは、3つぐらいのキーワードの候補の中から、一つでも上位表示できたら月にいくら払うという形です。

しかし実際には、そのキーワードの候補の中に、最初から当たり前のように上位表示されるキーワードが含まれているのです。

例えば「表参道 カフェ デュオ」のような固有名詞の入ったキーワードが入っており、それらが上位表示されるのは当たり前なのに、支払わなければいけない状態になっているのです。

やったほうがいいこと

MEOで、やっておいた方が良いことを説明します。

投稿は何でもいいので、毎日必ずするようにします。

Googleが嫌うのはオープンと書いてあるのに、実際に閉店しているような状態です。

何でもいいので、毎日投稿して、このお店はしっかり開いているということをGoogleに知らせる必要があります。

そして2つ目にしたほうがいいことは、口コミやコメントに対して必ず返信するということです。

これも先ほどと同じ意味で、口コミやコメントに対して返信があるということは、アクティブな状態であることを示せます。

また顧客を大事にしているとも言えるので、評価が上がります。

また自社のホームページのリンクを友達のページやブログなどにつけてもらうということです。つまり被リンクを増やすということです。

3つ目に、会社名や店舗名、住所、電話番号などの表記の仕方をMEOと全く同じように揃える必要があります。

それらが違うと、Googleはクロールした時に違う店舗だと把握してしまうからです。

「カフェブレーメン」っていう名前なのか、「ブレーメンカフェ」という名前なのか全て統一しておきます。

さらにおすすめのサービス

料金

MEOだけやっているサービスが、月々42,000円です。

これには、インスタグラムからの投稿の反映はありません。

1ヶ月で効果が出ることなのないので、3ヶ月からの契約になっています。

実際には、2ヶ月目ぐらいから上位10位以内に入ってきます。

初めの月は、キーワードの分析、競合分析してアカウントを作り、Googleのマイビジネスを作ります。

そして毎月何をやるかと言うと、投稿の更新だとか、サイテーションと言って外部アクセスを増やします。被リンクの作成など、外部施策などをしていきます。

被リンクを増やすために、こちらがブログのライティングするということもしていきます。

キーワードは、随時変わってくので最適化していきます。

イベントが起きたり、オリンピックがあったりすると、状況が変わってくるのでそれぞれの時期に最適化していきます。

MEOプランのお申込みは、こちら

※キーワードなど分からないところは、後から相談して決められるので、「分からない」と入れてください。

MEOもインスタグラムも依頼したくないけども、インスタグラムを更新すると、MEOに反映するシステムだけ使いたいという場合は、月々27,800円です。

PORTCAKEプラン(インスタからMEOの反映)のお申込みは、こちら

Instagramの集客もMEOの集客も、それぞれ施策し、インスタグラムからMEOの反映のシステム全て含めて行いたい場合は月々69,800円です。

全て3ヶ月契約からです。

インスタグラム+MEOプラン+PORTCAKEセットのお申込みは、こちら

インスタグラム集客のサービスについては、こちらのリンクを参照してください。

続いて、管理画面を見てみましょう。

キーワードは何が書いてあるかとか、アクセスがどれくらいになっているかどうか、今の現在のお店の評価の数値などが分かるようになっています。

第一に、エンゲージメントで、実際にここから予約した人や来店した人などの数が分かるようになっています。

また自分のMEOの商品がどれだけ検索されているかを見られます。

管理画面は、全てスマホから見られます。

★UR-U(ユアユニ)のご参加を無料体験(毎月9日まで無料)は、こちら

★UR-U(ユアユニ)に正式入会は、こちら

あなたの商品や店舗の劇的集客を実現するインスタによる集客方法

★GoogleMapで即時集客できるMEOの方法

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました