【UR-U(ユアユニ)竹花貴騎さんの講義】UR-U(ユアユニ)をコストゼロで勉強し活用する方法

ビジネス

今回は竹花貴騎さんが講義しているUR-U(ユアユニ)をコスト0で勉強し活用する方法についてお伝えしてきます。

UR-U(ユアユニ)は、月額8,980円で勉強ができるとてもお得なスクールです。

しかしそのコストをゼロにして、なおかつ効果的な勉強できる方法があるのでお伝えしていきます。

【竹花貴騎さんのUR-U】コストゼロでUR-U(ユアユニ)を学ぶ

今回の記事を読むと、コストゼロでUR-U(ユアユニ)を学ぶ方法が理解できるようになります。

月額8,980円払ってしっかりと勉強するのですが、確実に払ったぶんを収入にできる方法があります。

もちろんUR-U(ユアユニ)の学びをすれば起業もできます。

しかしUR-U(ユアユニ)で勉強しながら、まだ起業する前にこの月額8,980円をコストゼロにする方法があります。

私もその方法を使い月額払っている分をコストゼロにできています。

しかもこの方法は、効果的な勉強方法になっています。

ただUR-U(ユアユニ)の動画を見て学ぶよりも、より深く勉強が出来、理解が深まる方法です。

私もこの方法を知るまでは、動画を見終わっていて、翌日にはほとんど忘れていました。

しかしこの方法を利用することで、知識が定着し自分のものになっていきました。

この方法は、UR-U(ユアユニ)をコスト0で勉強できると共に、深い理解を可能とするものです。

やり方によっては月額払うお金よりも、多くのお金を受け取ることも可能です。

今回は私がライターとして行っている方法についても、お伝えしていきます。

竹花貴騎さんのUR-U(ユアユニ)の活動支援金制度

UR-U(ユアユニ)に入会すると活動支援金制度という制度があります。

これは、UR-U(ユアユニ)を勉強して学んだことをアウトプットする機会をサポートする制度です。

UR-U(ユアユニ)で体験したことや学んだこと、自分で感じたことや考えたことをブログに書いて報告すると支援金がもらえるという制度です。

実際に私もこの制度を利用して、学んだことをブログに書いているのですが、理解度が全く違います。

動画を見ながら、文章に書きながらアウトプットしていると理解が深まります。

そしてまたその文章を後日修正する段階で、内容に触れるので、理解はさらに深まっていきます。

私の場合には、WordPressの入力を作業の方にお願いしているのですが、そこから上がってきたものをまた修正するときに内容に触れられます。

つまりUR-U(ユアユニ)で学ぶ内容に3回触れられるため、復習が自然にできているのです。

竹花貴騎さんの講義の中でも話しているのですが、学んだことは次の日に74%忘れるというデータがあるそうです。

この74%忘れるという数字を下げるには、復習することが必要ということです。

そして竹花貴騎さんがよく話しているのが、学んだことをアウトプットしなければインプットでないと言っています。

学んだことをインプットしただけでは、定着しないのです。

そこで活動支援金制度を使い、ブログにアウトプットすることで自分の知識が定着していきます。

UR-U(ユアユニ)では、税金に関する内容や、起業や店舗運営に関する内容、投資に関する内容、SNS集客に関する内容など幅広く勉強できます。

それでも幅広い知識を起業するために生かしていくためには、自分の身にならなければいけません。

そのためにはまずアウトプットして、自分の知識としてすぐに事業に生かせる状態にする必要があります。

この活動支援金制度を使うと、まさにその効果が発揮しているのを実感できています。

【竹花貴騎さんのUR-U(ユアユニ)】効果的なアウトプットの手順

UR-U(ユアユニ)の活動報酬制度を使う時の、アウトプットの効果的な手順についてお伝えしていきます。

まず私は、ライターとして活動しているときにも使っている音声認識を使います。

UR-U(ユアユニ)の動画を見てある程度のまとまりができたならば、Googleドキュメントで文章を書いていきます。

この時に圧倒的にスピードが速いのが、音声認識による入力です。

Googleでツールの音声認識というところを押すと、マイクボタンが出てくるので、マイクを押すと音声認識が始まります。

Macの場合にはステータスバーに現れる音声認識を許可する必要がある場合があります。

UR-U(ユアユニ)の動画を見て勉強しながら、すぐにその場で自分の言葉で話すことで頭に定着していきます。

つまりインプットとアウトプットを同時にできるのです。

Googleドキュメントの音声認識は、かなり精度は高いですが、それでも間違った変換する場合があります。

後で修正できそうなものであれば、そのままにしていますが、固有名詞のような後で予想できないような場合には、その場で修正します。

そして動画一本を見終わって、文章化した後に修正を行います。

私の場合にはその日にをやらず、後日にやることで復習になります。

音声認識で書いた文章を読み返しながら、文章を修正していきます。

Googleドキュメントの音声認識は、精度が高いので、後で動画を見返す必要があるのはごくたまにです。

大抵は誤変換があっても、予測できるような修正内容です。

そして一通り文章が修正できたならば、今度はWordPressに書く内容をまとめていきます。

活動報酬の制度は3,000文字以上が必要です。

また条件として、講義の内容をそのまま書いただけの内容はNGです。

そのため講義の内容とともに、自分の感想やコメントなどを交えてまとめます。

講義の内容を最初にコピー&ペーストしておきます。

そしてまとまりごとに、自分のコメントや調べた内容を書き加えていきます。

活動報酬支援の制度では、見出しが三つ以上必要ですので注意しておきましょう。

またUR-U、ユアユニ、竹花貴騎さんのキーワードなどを入れる必要もあります。

私の場合には、UR-U(ユアユニ)の動画を見て、思ったことやコメントを書き加えています。

竹花貴騎さんが事業の具体例を示している場合であれば、自分も別の具体例を考えたりして書いています。

この後無料の誤字脱字ツールがあるので、そちらを使って修正していきます。

そしてWordPressに入力です。

私は270円ぐらいでWordPressの入力作業を他の人に依頼しています。

自分の時間は、お金で作るという考えです。

そしてWordPressの入力作業を終えて、報告を受けたらば、また画像の作成などをして公開します。

公開した後に、別の誤字脱字チェックのツールを使いながら、自分の目視で再チェックします。

この誤字脱字の目視チェックをしながら、また内容の復習になります。

このように3回自分で内容を確認する機会があるため、UR-U(ユアユニ)の内容はかなり定着しています。

【竹花貴騎さんのUR-U(ユアユニ)】起業する予定のある方は、ぜひ自己負担ゼロでUR-U(ユアユニ)を受けてください

UR-U(ユアユニ)の動画は、起業するのに役に立つコンテンツばかりです。

現役の経営者である竹花貴騎さんの講義の他にも、実践ですぐ使える講義もたくさんあります。

エクセルの使い方やwixによるホームページの作り方、SNSマーケティングの講義など豊富にあります。

またプログラミング知識がなくコーディングできるというノーコードプログラミングという講義もあります。

UR-U(ユアユニ)に入るまでは存在すらしなかったようなことを学べています。

そしてUR-U(ユアユニ)で学びながら活動支援金という制度を利用して、アウトプットしていきましょう。

アウトプットすることで学んだことは、自分の身となり使用するときにすぐに使える知識となっています。

そして十分準備できたらば起業してみると良いでしょう。

私のようにフリーランスの活動から始めてみる方もいいかもしれません。

UR-U(ユアユニ)は無料体験もできるので試してみてください。

UR-U(ユアユニ)の無料体験申込みはこちらです。

【まとめ】UR-U(ユアユニ)の講義をリスクゼロで受ける方法

UR-U(ユアユニ)をコストゼロで受ける方法についてお伝えてきました。

この方法は活動支援金という制度を使って、アウトプットをしながら報酬を受け取るという方法です。

WordPressを設定する必要がありますが、できない場合は連絡いただければ設定するサービスも行っています。

そして今回私がライターとして使っている音声入力によりアウトプットの方法をお伝えてきました。

講義の内容を言葉に出して表現することで、頭に残り知識が定着していくのを実感しています。

Googleドキュメントは、無料で使えますのでぜひ試してみていただければと思います。

キーボードで打つのに比べて2倍、3倍以上の速さがあります。

修正する時間があったとしてもはるかに入力は早いです。

またアウトプットする時に、予備で、自分で調べることもします。

そうすることでコンテンツの質を高めるとともに、自分の知識は増えていきます。

★UR-U(ユアユニ)入会をすすめる理由とメリット・デメリットとは?こちら

★UR-U(ユアユニ)のご参加を無料体験(毎月9日まで無料)は、こちら

あなたの商品や店舗の劇的集客を実現するインスタによる集客方法

★GoogleMapで即時集客できるMEOの方法

ワードプレス設定サブスクリプションサービス

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました